社員紹介

研究開発 紫藤 千晶

肌分子を見える化して、不調の予兆を早期に見つけたい。 肌分子を見える化して、不調の予兆を早期に見つけたい。

子どもの頃からアレルギーで悩まされていた。「犬や猫、ハウスダスト…目に見えないもので自分のくらしが左右されるのが嫌だった。制限されるのが悲しかった」。それが、紫藤千晶が生物化学の道に進み、肌分子などの見える化技術を研究することになるきっかけとなった。

自分の身のまわりでものがどう作用し、どう反応がおきているのか、そんな理科的なことに興味をもつ少女だった。夏休みの自由研究も大好きで、ある時などキッチンにある調味料をかき集め、水で溶かして凍る時間の違いを調べてみた。塩や砂糖…ただの水より凍る温度が低く、それぞれ異なることが不思議だった。それが「凝固点降下」という現象であることを知ったのは、後の授業だった。興味は尽きることなく、大学も当然、化学系に進んだ。

大学の研究室で、彼女は生体材料を用いた分析手法の研究を行った。研究者や医療機関に向けた高感度な分析手法の開発で、従来より微量なターゲットの検出を可能にするものだ。ただ、手順も難しく大がかりな機器が必要になってしまう。悩んだ。専門的な研究者だけしか扱えないのでは、用途は限られてしまう。精度はゆずれない。汎用性もゆずれない。彼女は考えた。「電機メーカーなら、理想に近い製品がつくれるのではないか…」。化学分野や医療機関ではなく、彼女の就職への選択肢は絞られた。さらに彼女はシステムの普及・拡大も願っていた。

「新しいものをつくって世の中のスタンダードにするためには、守備範囲が広い企業がいい」。グローバルに事業展開している点でも、多分野の商材を有している点でも、パナソニックに大きな可能性を感じた。他にも、彼女の背を押したものがある。リクルーターの存在だ。気さくな雰囲気、親身な対応。「この人たちと働きたい」ごく自然にそう思った。

入社当初は遺伝子に関わる部署に配属されたものの、彼女は一貫して生体分子の分析ソリューションを担当している。それは大学時代から続く研究のコアだ。現在取り組んでいるのは、肌から採取した分子を分析するシステムの開発。既存の肌状態を調べる装置とは違い、目には見えない分子レベルで肌の状態を調べることをめざしている。「不調の予兆を早期に発見する」、それがコンセプトだ。そのなかで彼女は、採取した肌分子を分析が可能な状態に濃縮・精製する技術の開発を担当。「前処理が分析の精度を決めるといっても過言ではないですが、とても煩雑で、誰でもどこでも行なえる方法に落とし込むかが難しいんです」。それだけにやりがいがあると、彼女は力強く言う。この技術は化粧品分野への展開を考えているが、専門家だけでなく一般の方にも使っていただくことを想定している。しかも食品の分子や環境中の分子など、応用は無限。一人ひとりのくらしの質を向上させることに、つながっている。

「分子というと特殊なものを想像されるかもしれませんが、身の回りのものは水も空気も人もすべて分子でできているんです。この普段は意識の外にあるものを見える化することで、新しい価値基準が生まれてくると考えています」。今は肌の不調をセンシングすることが目標だが、この先、感覚や経験で対処していた曖昧なものを見える化するのが彼女の夢。「原因は分からないが何だか不快」「何だか良くない気がする」というものを可視化するソリューションだ。彼女の目には、センシング技術でかなえる、より快適なくらしがきっと見えている。

仕事場と紫藤 千晶さんの写真
紫藤 千晶さんの写真

研究開発
紫藤 千晶(しどう ちあき)
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
2013年入社 総合化学院卒

色んなジャンルの専門家が、一緒のフィールドで仕事をしているのがおもしろい。
刺激されたり、刺激したり、毎日、仕事の化学反応をたのしんでいるようだと語る。

*所属・内容等は取材当時のものです。

社員紹介