社員紹介

技術営業 小泉 喜靖

小泉 喜靖 小泉 喜靖

祖父が市役所の水道局に勤めていたことから、家にはよく工具が転がっていて、子どもの頃はそれが遊び道具だった。おかげでモノづくりは普通に好きになったし、理工学部に入ったのも自然なことだった。そのなかでもプログラミングからチップ上のデザイン、配線など、ソフトもハードも学べる創造理工学を選んだのは、どちらかを選ぶのがもったいないと思ったから。「何でもやってみたいと思ってしまうんです。昔から」。たとえば小学校の頃はサッカーで、中学の時はバスケ、高校ではテニス部だった。バイトも、家庭教師から塾の講師、引っ越しなど。人と話すのが苦手なのを克服しようと、お客さまの目の前でワインの栓を抜くようなレストランで接客業を経験したこともあった。就職先を選ぶ時も、幅広い事業領域で、いろいろ挑戦できる会社が良いと思った。彼が入社前に思っていたパナソニックのイメージは、まさにそれだった。

現在の彼の仕事は、オフィスビルの照明制御設備、中央監視設備、自火報設備など、建物内の安全・快適を提供するシステムをトータルに製造・販売すること。「技術営業である私の仕事は、新しいオフィスビルの建設計画時にお施主さまや建設会社の設計担当者さまといったお客さまを中心に、営業など各関連部署の担当者とともに訪問し、設備に関するニーズをヒアリングするところからスタートします。そのニーズに応える設計図面を作成し、自社商品の魅力をアピールすることで受注につなげていきます」。大きいオフィスビルとなると完成は3年〜5年後。その時、何が求められるのか、どういうビルであるべきなのかを考えて、お客さまにご提案しなければならない。そこが難しさであり、おもしろさでもある。

「最近の仕事のなかで印象に残っているのは、数年後に竣工予定の高層オフィスビルで使う『見える化システム』のご提案です。従来の見える化システムはビル全体の消費電力を分析するものでしたが、そのビルのお施主さまが希望されたのは『入居するテナントごとにどれくらい電力を消費しているかを詳細に分析できるシステム』でした。私の担当している既存の商品だけでは提案できない内容であったため、見える化システムのサーバ開発をしているパナソニックのグループ会社を巻き込んで、これまでになかった新しい見える化ツールをつくりました。お客さまがシステムに対して求める要望は高く、1年にわたり提案・ヒアリングを重ねることでようやく採用いただくことができました。この時開発したシステムは高く評価されて、別の案件でも採用されることになったんです。社内外のたくさんの人に協力してもらいながら粘り強く推進したプロジェクトだっただけに、本当に嬉しかったですね」。

とにかく、何でもやってみる。そのスタンスは今でも変わらない。「だって、その方がおもしろいですし、それだけ自分が成長できると思うんです。『とりあえず小泉に相談しておけば大丈夫』って、真っ先に頼ってもらえるような人間になることが私の目標ですから」。

技術営業
小泉 喜靖(こいずみ よしやす)
エコソリューションズ社
2010年入社 理工学部

大学院の研究室では、顔認証ロボットの製作に取り組んでいた。入社も技術系の採用で、技術営業という仕事は入社してから知ったという。この職種を選んだのは、家庭教師などのバイト経験から、自分の知識などを伝えることで、相手の役に立てることがたのしかったから。家に帰ると二児のパパ。趣味はマラソンとゴルフ。

社員紹介

研究開発
成山 穂奈美

研究開発
山下 知里

研究開発
前田 康成

研究開発
仙田 圭一

プロジェクトマネジメント
西川 潤

営業
牛山 充弘

営業
アビドウ ジャロリッディン

経理
八木 祐子

設計開発
古本 尚子

設計開発
劉 蝶

設計開発
高野 創志

生産技術
坂尻 祐梨子

技術営業
小泉 喜靖

品質管理
森村 淳

マーケティング
岡村 晶子

マーケティング
山本 秀子

法務
金城 未希

調達
金 修延

宣伝
ヘイル ケイトリン

広報
柳原 小百合

ロジスティクス
西川 佳秀

経営
森本 素子

ご登録済みの方はこちらから

新卒採用情報に関するお問い合わせ

パナソニック株式会社 採用部
(東京)〒100-6025 東京都千代田区霞が関3-2-5 / (大阪)〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006