社員紹介

品質管理 森村 淳

「あの旅が、私の人生観の核になっているんです」。森村淳は大学の時、バックパックひとつで日本を飛び出した。それまで海外に行ったこともなかったし、英語も話せなかったが、とにかく世界が見たかった。放浪と言ってもいい旅。右も左も分からず、駅で寝たこともあった。そんな時、たくさんの人が手を差し伸べてくれたことは、嬉しい驚きだった。そして思った。「いつか恩返しがしたい」。

半年後、帰国した彼は就職活動を始め、「世界に何か幸せを提供できるか」という視点で会社を探した。そして、パナソニックの理念に「社会生活ノ改善ト向上ヲ図リ 世界文化ノ進展ニ寄与センコトヲ期ス」の一文があることを知り、自分の思いと合った会社を見つけたと思った。

品質管理。それが、入社以来の彼の担当だ。パナソニックの家電製品を、問題なくお客さまに使い続けていただく、という当たり前を守るのが仕事だ。主な業務は、より良い品質を確保するためのさまざまなしくみを、開発から製造、出荷するまで、モノづくりのどこのプロセスに入れるのが効果的なのかを考え、その構築を行っている。不具合など、何も起こらないことをめざしているから、成果が見えにくい仕事だ。しかし、万が一のために常にお客さま目線で何度もプロセスを検証する。パナソニックブランドは、彼らの働きなしには語れない。「会社のポータルサイトにお客さまからの感謝の手紙が掲載されることがあるんです。『30年間、故障することもなく商品を使い続けることができました。ありがとうございました』という言葉をいただいた時は、すごく誇らしかったですね」。

「築城十年落城一日」の言葉があるように、信頼を失うのは一瞬だ。「品質が良い」とか「安心して使える」とお客さまに感じていただくためには、日々の積み重ねが大切だ。特に、パナソニックブランドをあまり認知されていない海外のお客さまに手に取っていただき、満足いただくためには「品質」が重要なキーワードになってくる。世界中のどのような地域・生産形態であっても、パナソニックブランドに相応しい品質をお客さまに提供するために、各地域のメンバーたちと議論を重ねる日々だ。「今後も『お客さまのために何ができるのか』を忘れることなく、日々の業務に取り組んでいきたいです。そして究極的には、パナソニックのイメージは?と聞かれたら、真っ先に『品質が良い』と言っていただけるようなブランドづくりに貢献していきたいですね」。より良い製品を、世界の人々へ。そして社会生活の改善と向上に貢献する。彼の夢は、今も続いている。

品質管理
森村 淳(もりむら じゅん)
アプライアンス社
2006年入社 理工学部

入社以来、一貫して品質管理に従事。パナソニックで働くことの魅力は、海外に関連する業務が間違いなく手に入る環境があることと福利厚生の充実。誰かに幸せを提供できる仕事をするためには、まず自分自身が幸せであることが前提条件だから、福利厚生は大切だと感じるようになったと語る。趣味はランニングで、会社から家までは基本、走り。

社員紹介

研究開発
成山 穂奈美

研究開発
山下 知里

研究開発
前田 康成

研究開発
仙田 圭一

プロジェクトマネジメント
西川 潤

営業
牛山 充弘

営業
アビドウ ジャロリッディン

経理
八木 祐子

設計開発
古本 尚子

設計開発
劉 蝶

設計開発
高野 創志

生産技術
坂尻 祐梨子

技術営業
小泉 喜靖

品質管理
森村 淳

マーケティング
岡村 晶子

マーケティング
山本 秀子

法務
金城 未希

調達
金 修延

宣伝
ヘイル ケイトリン

広報
柳原 小百合

ロジスティクス
西川 佳秀

経営
森本 素子

ご登録済みの方はこちらから

はじめての方はこちらから

新卒採用情報に関するお問い合わせ

パナソニック株式会社 採用部
(東京)〒100-6025 東京都千代田区霞が関3-2-5 / (大阪)〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006