社員紹介

設計開発 大門 徹也

すべてのクルマが電池で動く世界を、つくりたい。 すべてのクルマが電池で動く世界を、つくりたい。

「20XX年には石油が枯渇する」という話を聞いた。中学生だった大門徹也には、ショッキングな話だった。そうなったらくらしは、世界はどうなってしまうんだろう。「ホンマにヤバイな」。それが環境問題、特にエネルギー分野に興味を持つようになったきっかけだった。そのまま大学や大学院でも、エネルギーについて学び、研究をした。なかでも彼は、電池に惹かれた。「電池って『スマート』だなって思ったんです。エネルギーを見えないカタチで蓄え、必要な時に取り出してさまざまなものを動かせたり、エンジンのような音は出さないのに動力源になれたり。すごく『スマート』だなって」。世界でまだ誰も見つけられていない材料で動く電池をつくりたくて、彼は革新型電池の研究に没頭した。

就職先は、電池の研究開発ができるところが絶対条件だった。そしてグローバルに活躍できる会社。最終的にパナソニックに決めたのは、エネルギーを創る、蓄える、スマートに使う、すべての技術を持っていたことと、それらを組み合わせてくらしにさまざまな提案ができるところが、彼にとって理想的な環境だと思ったからだった。

入社以来、彼が取り組むのは車載用リチウムイオン二次電池の開発。パナソニックでは、材料開発からセルの開発・生産、さらに複数のセルを組み合わせるモジュール化に至るまで一貫して行っているが、そのなかでもセルの設計開発が彼の担当だ。「技術の開発にあたっては、人の命に関わることがあるので高いレベルでの安全性が要求されます。しかし一方で、コスト管理もものすごく大事です。もちろん、技術そのものがハイレベルかどうかも大切。お客さまであるカーメーカーの方からの多くの要求があるなかで、そのバランスを考えながら最適解を見つけるのがこの仕事のおもろしさだと思います」。

車載用電池の市場は右肩上がりだ。急伸する市場のなかで挑戦できることも、やりがいを感じるところ。「電気自動車1台には数百本の電池が搭載されていますが、その1本でもダメになると重大な品質問題となります。そんな高い精密さが求められる電池の開発で大事なのが、『知識と経験』です。パナソニックには携帯電話やパソコンなどいろいろな用途の電池をつくってきた歴史がある分、経験知の引き出しが多いのが強みですね」。

彼にはずっと見続けている夢がある。「いつか、すべてのクルマを電気自動車にしたいんです。今、さまざまな会社から電気自動車は発売されていますが、まだまだ普及したと言えるほどには至っていません。現時点では、ガソリン車と比べると不便なことも多いですが、間違いなく地球環境のために大衆化させるべきクルマだと思います。もっとお手頃で、もっと長距離を走れるようになれば、きっとそれが実現できるはずです」。入社前は、世界を変えられるような技術を開発することが目標だった。「最近ようやく自分が開発した電池を載せたクルマが世の中を走り始めようとしています。やっとスタート地点に立てたなと実感しています」。中学生の教室から走り出した夢は、未来へますます加速を続けている。

仕事場と大門 徹也さんの写真
大門 徹也さんの写真

設計開発
大門 徹也(おおかど てつや)
オートモーティブ社
2012年入社 人間環境学研究科卒

負けず嫌いで、何かにはまるとそれに打ち込むことが多かった子ども時代。けん玉にハマった時は、1日中夢中で練習していたそう。自然のなかにいる事が好きで、最近の趣味はキャンプ。

*所属・内容等は取材当時のものです。

社員紹介