社員紹介

設計開発 高野 創志

「ドライヤーで、何かご不便されていることありますか?」。機会があれば、そんな質問をするという。満面の笑顔で、だけど一言も漏らさぬように彼は耳を傾ける。「お客さまの生の声を聞けるのが嬉しいんです。次の製品のヒントになるから。だからつい、にやけてしまうんです」。

高野創志は「自分がドライヤーつくることになるなんて、思いもしなかった」と振り返る。大学は、工学部材料工学科。本当は、大学院に行こうと思っていた。だが、試しに行った会社の説明会で人生が変わった。ある技術者との出会い。ナノケアスチーマーの開発者だった。今までにないものをつくっていることが、かっこよかった。この人と働きたい。だから一社だけ受けてみた。それがパナソニックだった。

ビューティ・アイロン商品部の技術開発に配属された彼が、現在取り組んでいるのは、ドライヤーの先行開発。時代とともに変わっていくお客さまの要望にスピーディに応えていくのが仕事だ。「今は、速乾機能向上の開発を行っています。それには、どのような作用メカニズムが必要か、どうしたら達成できるのかを、いろいろな角度から考えます。新製品に搭載された『速乾ノズル』の開発には、前任者と合わせると、それこそ200以上のアイディアを考えたと思います。そこから使い勝手とか、お客さまの目線で絞り込んでいって。試作品をつくったら、それをモニター評価で効果を確認して。さまざまなチェックをくぐり抜けたものだけが商品化されます」。

実際に使っている人の顔が見える。それがこの仕事のたのしさのひとつ。だから、もっとご満足いただけるドライヤーとは何かを、いつも考えてしまう。「ほとんどの人が一日一回は、ドライヤーを使いますが、乾かす時間の長さや、使っている時の音など、まだまだドライヤーには進化の可能性があると思います。たとえば、ドライヤーを使いながら、テレビを観たり、他の支度をしたり。そんなお客さまの生活を豊かにできるようなドライヤーをつくりたいんです」。

「世界一のドライヤー」をつくりたい。それが、入社前ドライヤーのことなど考えもしなかった今の彼の夢だ。「実は、私も家ではパナソニックのドライヤーを使っていまして。開発者なんですが、ファンでもあるんです。リサーチも兼ねて違うのを使ってみると、『やっぱりパナソニックじゃなきゃダメだ』って思ってしまって。日本だけではなく、世界中の人に性能の高さを感じてもらえるものをつくりたいですね」。

設計開発
高野 創志(たかの そうし)
アプライアンス社
2015年入社 工学部

高校では野球部を創設し、部員集めや練習場探しに奔走しながら、関東ベスト3に。やりたいことはとことん取り組むタイプ。現在の職場の魅力は、さまざまな知識やスキルが豊富な先輩がいることと、新しいアイディアを考えた時に、「じゃ、つくってみなよ」と任せてくれるところ。

社員紹介

研究開発
成山 穂奈美

研究開発
山下 知里

研究開発
前田 康成

研究開発
仙田 圭一

プロジェクトマネジメント
西川 潤

営業
牛山 充弘

営業
アビドウ ジャロリッディン

経理
八木 祐子

設計開発
古本 尚子

設計開発
劉 蝶

設計開発
高野 創志

生産技術
坂尻 祐梨子

技術営業
小泉 喜靖

品質管理
森村 淳

マーケティング
岡村 晶子

マーケティング
山本 秀子

法務
金城 未希

調達
金 修延

宣伝
ヘイル ケイトリン

広報
柳原 小百合

ロジスティクス
西川 佳秀

経営
森本 素子

ご登録済みの方はこちらから

はじめての方はこちらから

新卒採用情報に関するお問い合わせ

パナソニック株式会社 採用部
(東京)〒100-6025 東京都千代田区霞が関3-2-5 / (大阪)〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006