世界に挑む社員インタビュー

映像の力で、五輪や万博に感動を生み出す。

オリンピック・パラリンピックの開閉会式や万博のパビリオンにおいて、演出のコアファクターとして活用されているプロジェクターやディスプレイ。このような世界的に知名度の高い国際イベントでは、これまでにない表現を機器に求めることが多く、各クライアントのオーダーにいかに応えきれるかが、私たちの腕の見せ所となります。
今回、学生のインタビューに応えるビジュアルシステム事業部の丸山は、そのような国際的なイベントの営業企画を担うグループの課長。イベント情報の収集や関係ステークホルダーのリサーチを行い、プロジェクト全体の推進をマネジメントしていました。具体的な実績としては、2015年に開催されたミラノ万博において、約140パビリオン中40以上のパビリオンにて機器を導入。オリンピック・パラリンピック関連のプロジェクター、フラットパネルディスプレイの納入推進も行っています。「このような国際的なイベントに携わる難しさとは何か?」「どのような時に達成感を感じるのか?」など、3名の学生が様々な角度からインタビューしました。

丸山 昌明

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社

丸山 昌明

メディアエンターテインメント事業部
プロダクトソリューションセンター
マーケティング部 部長

学生レポーターのみなさんからいただいた感想

<関西圏/文系/大学3年生/女性>
大きなプロジェクトに関わる丸山さんの、熱意やこだわりをひしひしと感じることができました。自分にあまり自信がない私ですが、「社会で、私にもできることがあるかもしれない」、「何か大きなことをしてみたい」、という気持ちにさせていただけました。求められていることに誠実に寄り添う姿勢など、働くうえで多くの気づきを得ることができ、とてもいい経験となりました。

<首都圏/文系/大学3年生/男性>
「まち中にあふれているすべてのディスプレイを、パナソニック製品にしたい」と、堂々と話す丸山さんをみて、会社に対する愛を感じました。同時に、会社を選ぶうえで、企業哲学や社員の方がその会社のことをどうとらえているか、それを知ることもすごく大事だなぁと思いました。自分が好きになれる商材、愛情を持って働ける会社で、僕も仕事をしたいと思います。

<関西圏/文系/大学3年生/女性>
丸山さんが話す「人を感動させたい」という言葉には重みを感じました。国際的なイベントを実現する背景にある、様々な困難やそれらを乗り越えてきた苦労をお伺いできたから、感じられたのかもしれません。私も、自分が語る言葉に重みを持った社会人になれるよう、がんばってみたいなと決心しました。

ご登録済みの方はこちらから