制作支援

KWNメールマガジン

KWNメールマガジン

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ パナソニックキッズスクール
 ┃   キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本
 ┃          メールマガジン2018年度 5号(9月28日号)
 ┃
 ┃   HP  https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

2018年度 キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本のプログラムに
ご参加いただきます皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
パナソニック KWN日本事務局の熊沢です。

いよいよ作品応募の締め切り日まで4か月を切りました。
来年1月の作品提出に向けて、皆さん頑張って取り組んでくださいね。
10月下旬から11月上旬にかけて、各校の進捗状況確認の為、KWN日本運営事務局より
お電話やメールにてご連絡をさせていただきますので、ご回答宜しくお願いいたします。

最近、貸与機材(カメラや三脚)の破損報告が多くなってきております。
今一度、生徒・児童の皆さまに、注意して貸与機材をお取り扱いいただくよう
ご指導をお願いいたします。

本メールマガジンにて、本年度のコンテスト応募要項について
大切なお知らせがありますので、必ずご覧ください。

【目次】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. KWN日本コンテスト 応募要項の改定について【部門改定など】
2. Sharing The Dream 2020 特別編レポート【ヤングチェンジメーカー来日】
3. KWN映像制作ワークショップ 実施レポート
4. 後援名義取得のお知らせ/全国市町村教育委員会連合会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
1. KWN日本コンテスト 応募要項の改定について【3部門制の導入など】
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
本年度より、キッド・ウィットネス・ニュース日本コンテストの応募要項が
下記のとおり改定されますので必ずご確認ください。

① 日本コンテスト 3部門制になります【重要】
昨年度まで「小学生部門」と「中学生・高校生部門」の2部門制として
日本コンテストを実施してまいりましたが、KWN日本ローカル規定として
本年度より「小学生部門」「中学生部門」「高校生部門」の3部門制とします。

▶参加メンバーの中で最高学年での部門登録(エントリー)となります。
(例)小学生と中学生の混合チームの場合⇒「中学生部門」
▶KWNグローバルコンテストでは部門改定がございません。
その為、日本の中学生部門・高校生部門の中から1作品を選び、グローバルコンテストの
「中学生・高校生部門」にエントリーをいたします。

② 作品テーマの改定について【SDGsの扱いについて】
本年度より「環境」「コミュニケーション」「スポーツ」に加え、
KWN日本ローカルテーマとして「SDGs」が加わることをご案内しておりましたが、
基本テーマとしては、「環境」「コミュニケーション」「スポーツ」の中から選択いただき、
さらに、「SDGs」私たちの地球を守るための17の目標の項目の中から、
当てはまるものを選択(複数回答可)いただき、作品提出していただくことになりました。
ぜひ、「SDGs」の目標項目を意識して作品づくりをしてみてください。

※上記、日本コンテストの応募要項改定①②につきましては、
KWNホームページ上でもご説明をしておりますので、ご確認ください。

▼KWN日本コンテスト2018応募要項ページ
https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/join/#oubocheck

▼セーブ・ザ・チルドレンによる持続可能な開発目標(SDGs)説明ページ
http://www.savechildren.or.jp/lp/sdgs/

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
2. Sharing The Dream 2020 特別編レポート【ヤングチェンジメーカー来日】
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
本年度も東京2020公認プログラムの特別ワークショップを実施中。
Sharing The Dream 2020は、1校1国担当の応援スタイルで、オリンピック・
パラリンピックを題材にした30秒の映像づくりと、担当国の応援メッセージ映像づくりに
チャレンジしています。今年度は6校がエントリーしています。
その中で、特別編として、墨田区立両国中学校が担当する「アメリカ合衆国」と、
世田谷区立三宿中学校が担当する「カーボベルデ共和国」の
ヤングチェンジメーカーが来日し、学校を訪問しました。
そして、特別講義と担当国応援メッセージの撮影を一緒に行いました。
その様子を是非ご覧ください。

■墨田区立両国中学校(Sharing The Dream 2020/担当国:アメリカ合衆国)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-sharing-the-dream-2020-4.html

■世田谷区立三宿中学校(Sharing The Dream 2020/担当国:カーボベルデ共和国)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-sharing-the-dream-2020-2.html

【ヤングチェンジメーカーとは】
18歳から30歳の、過去のユースオリンピック経験者で、
それぞれが「健康や運動と生活」「多様性」「持続可能性」「平和と進展」など、
多岐にわたるテーマを基に活動を行っています。
彼らはユースオリンピック期間中に後輩アスリートを支援し、終了後は自分たちの
コミュニティーで、上記のようなテーマを基に大会で学んだオリンピックの価値を
伝える活動を行っています。

▼ヤングチェンジメーカーズ・プラス(YCM+)公式サイト
https://www.panasonic.com/global/olympic/ja/youngchangemakers.html

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
3. KWN映像制作ワークショップ 実施レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
本年度も新規参加校を中心に様々な映像制作ワークショップを実施しております。
各校の映像ワークショップの様子など是非ご覧ください。

■燕市教育委員会「長善館学習塾」(新潟県)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/07/kwn-2018-10.html

■筑波大学附属桐が丘特別支援学校(東京都)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-3.html

■札幌市立栄町中学校(北海道)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-6.html

■札幌市立陵北中学校(北海道)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-7.html

■いわき光洋高等学校(福島県)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-9.html

■金沢泉丘高等学校(石川県)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-8.html

■創成館高等学校(長崎県)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/08/kwn-2018-5.html

■都立立川ろう学校(東京都)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/09/kwn-2018-11.html

■茨木市立西小学校(大阪府)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/09/kwn-2018-12.html

■飯館村立飯館中学校(福島県)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/09/kwn-2018-sharing-the-dream-2020-1-3.html

■野田村立中学校(岩手県)
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/09/kwn-2018-sharing-the-dream-2020-1-4.html

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
4. 後援名義取得のお知らせ/全国市町村教育委員会連合会
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
先のメールマガジン(第4号/8月24日配信)でもお知らせさせていただきましたが、
この度、KWN日本プログラムの活動主旨にご賛同いただき、日本ユネスコ国内委員会様
並びに全国高等学校メディア教育研究協議会様に続き、全国市町村教育委員会連合会様
からの後援名義を取得いたしました。

これからもKWN日本では、次代を担う子ども達が多様な人々と協働しながら様々な
社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓き、持続可能な社会の創り手となることが
できるような教育活動となるよう、様々な連携を図ってまいります。

▼全国市町村教育委員会連合会
http://www.rengoukai.com/

*************************************

最後までキッド・ウィットネス・ニュース(KWN)メールマガジンを
お読みいただき、ありがとうございました。

本年度の作品完成に向けて、皆さん、頑張ってください!!
機材の取り扱いについては、十分お気をつけくださいね!
それでは、また次号でお会いしましょう!

▼メールマガジンのバックナンバーはこちらからご覧いただけます
https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/production/mailmagazine.html

┌──┐
│\/│==========================================================
└──┘
当メールマガジンでは参加校からの「声」を集めております。
本メルマガに関するご感想、ご意見はもちろんのこと、活動に関する疑問や悩み、
また、うれしかったことなど「生の声」をお送りください!

パナソニックキッズスクール KWN日本運営事務局
パナソニック学び支援プログラム インフォメーション
〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル10F
TEL:03-3572-0811 FAX:03-3572-0851 (土日祝日を除く平日9時から17時まで)
e-mail: piks@dsn-bpo.jp
================================================================