制作支援

KWNメールマガジン

KWNメールマガジン

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ パナソニックキッズスクール
 ┃   キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本
 ┃          メールマガジン2018年度8号(12月19日号)
 ┃
 ┃   HP  https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

2018年度 キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本のプログラムに
ご参加いただきます皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
パナソニック KWN日本事務局の熊沢です。

作品応募の締め切り日まで1か月を切りました。
本年度の作品提出の締切日は、2019年1月11日(金)必着となりますので
十分にご注意ください。

最優秀作品賞などの発表が行われるKWN日本コンテストの表彰式ですが、
2019年3月中旬頃に開催を予定しております。
参加校の皆さま、入賞目指して、最後の追い込み、頑張ってください!

本年度の作品提出についての連絡事項や、完成作品と一緒にご提出していただく
活動報告書のフォーマット(Word版)などをご案内いたします。

【目次】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 本年度の作品提出についての連絡事項【重要】
2. 本年度の日本コンテスト最終審査員のご紹介
3. IOC Youth Summit ×「Sharing The Dream 2020」レポート
4. オリンピックとパラリンピックを題材にした教育を考える
    Teachers’セミナースペシャルのお知らせ【東京・名古屋】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
1. 本年度の作品提出についての連絡事項【重要】
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
KWN日本コンテスト2018の受賞概要をご紹介します。
コンテストは3部門制となります。
皆さまからお預かりした映像作品は審査を経て、以下を決定いたします。

1.小学生部門:入賞3作品/佳作5作品を予定
2.中学生部門:入賞3作品/佳作5作品を予定
3.高校生部門:入賞3作品/佳作5作品を予定
※入賞校は日本コンテスト表彰式にご出席いただきます。
※入賞および佳作の作品はKWN日本サイトなどで公開いたします。
※入賞校へは事務局よりご連絡させていただきます。佳作は表彰式で発表いたします。
 
◆本年度の作品提出締切日は2019年1月11日(金)必着となります。
2019年1月11日(金)までに以下3点をご提出ください。

【1.映像作品(1作品)】
■作品規定
・ 子どもが主体となって、企画から撮影・編集まで行うこと
・ 作品テーマ/環境、コミュニケーション、スポーツのいずれか
(KWN日本ローカルテーマ/「SDGs」17の目標項目から選択)
・ 時間/5分以内(厳守して下さい)
・ 作品数/1作品(各チーム1作品)
・ メディアの種類/ブルーレイディスク or DVD or SD

◎作品VTRの冒頭に作品紹介を収録してください/※こちらは任意です◎
見てもらいたい点、工夫した点など映像を見てもらう人にコメントをお願い致します。
時間は30秒以内にまとめて収録をしてください。
コメントは代表の方でもグループ全員でも結構です。
一本のメディアに収録できない場合は、提出作品と2本に分けていただいても結構です。
※作品紹介の30秒は本編の5分には含みません。
※作品紹介の収録は任意ですので、採点に直接影響はございません。

(留意事項)
① 音楽・その他の著作権・肖像権の処理は、必ず制作者側でおこなってください。
② 提出いただいた映像作品などは、返却いたしません。
③ 提出作品については、複製、ウェブサイトで紹介する場合があります。
④ 他のコンテストへ既に出展したことがある作品は審査対象外といたします。

【2.集合写真】
作品制作者の集合写真(1M~2M程度)の静止画データをCD-Rにコピーして
パナソニックキッズスクール KWN日本運営事務局宛てにお送りください。
メールでも結構です。 事務局メールアドレス: piks@dsn-bpo.jp
※受賞時のトロフィーやホームページでの紹介などで使用いたします。

【3.活動報告書】  
所定の書式の活動報告書をご提出ください。
※A4サイズ 3~4枚程度/※活動報告書(Word版)は本メールにも添付しています。
※活動報告書は審査会で参考資料にさせていただきます。
※添付が見られない場合はFAXでお送りいたします。事務局までご連絡ください。

【作品提出先・お問い合わせ先】
<作品提出先>※2019年1月11日(金)必着
〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル10F
パナソニックキッズスクール KWN日本運営事務局
KWN日本コンテスト係
TEL:03-3572-0811 FAX:03-3572-0851 (土日祝日を除く平日9時から17時まで)
事務局メールアドレス: piks@dsn-bpo.jp

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
2. 本年度の日本コンテスト最終審査員のご紹介
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
本年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本コンテスト審査員の先生方が
決定いたしましたので皆さまにご報告致します。

(順不同)
◆関西大学 総合情報学部 教授 黒上晴夫氏
2003年、KWN日本の立ち上げ時より映像指導等に深く携わり支援をいただく。
第一回コンテストより審査員として参加。

◆東京藝術大学大学院 教授 伊藤有壱氏
クレイアニメーター、CMクリエイターとしても活躍。クレイアニメやCGでの作品を
多数手掛け、NHK教育テレビで放送されているクレイアニメ 「ニャッキ!」を代表に
数々の賞を受賞。審査員としては2007年から参加。グローバルコンテスト審査員も兼務。

◆NHK報道局 おはよう日本 おはBiz キャスター 豊永博隆氏 
2000年から経済記者として、経済報道に携わり旧経団連、旧通産省、財務省、電気業界
などの担当記者を歴任。サハリンに7カ月、ニューヨークに4年支局特派員として駐在。
帰国後は経済デスクとなったが、「おはよう日本」では6時台に経済テーマの
解説者として隔週レギュラーを努めている。

◆プレジデント社 プレジデントファミリー編集部 編集長 中村亮氏
1997年4月プレジデント社入社。プレジデント編集部を経て創刊以来「プレジデント
ファミリー」を担当。2014年4月プレジデントファミリー編集部 編集長に就任。

◆株式会社ハット 企画演出部 ディレクター 山口香氏 
2001年にCM監督としてデビュー。カンヌライオンズ FILM部門ブロンズ、
フジサンケイ広告大賞 メディアミックス部門グランプリ。CMだけでなく、
キャンペーン映像やドキュメンタリー映像も手掛けている。

◆アナウンサー・教育ジャーナリスト 香月よう子氏 
番組パーソナリティやナレーターなどを行うかたわら、省庁主催のシンポジウムの
コーディネーター、話し方などの講演を行う。東京都生涯学習審議委員、
中野区次世代育成審議会委員などもつとめ、学校地域連携の仕組みを作っている。

◆パナソニック(株) ブランドコミュニケーション本部 
CSR・社会文化部 部長 福田里香

昨年に引き続き、以上7名が本年度の審査員として決定しました。
キッド・ウィットネス・ニュース2018 日本コンテストの最終審査会は
2019年2月上旬に開催が予定されています。

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
3. IOC Youth Summit ×「Sharing The Dream 2020」レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
12月2日(日)パナソニックセンター東京にて開催された、
IOC Youth Summitにて「Sharing The Dream 2020」 に今年度参加し、
特別ワークショップでヤングチェンジメーカーが来校した4校の代表生徒が、
英語でのスピーチと制作中の作品(一部)の上映を行いました。

参加校/墨田区立両国中学校2名、世田谷区立三宿中学校2名
筑波大学附属桐が丘特別支援学校2名。大阪府立茨木高等学校2名

▼IOC Youth Summitでの生徒たちの様子について詳しくはこちら
http://panasonic.co.jp/citizenship/activity/2018/12/ioc-youth-summitsharing-the-dream-20204.html

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
4. オリンピックとパラリンピックを題材にした教育を考える
Teachers'セミナースペシャルのお知らせ【東京・名古屋】
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇
オリンピック・パラリンピック教育に関心のある教育関係者を対象に、
オリンピック・パラリンピック教育の展開とムーブメントの醸成を行うため
冬休み特別企画としてTeachers'セミナースペシャルを東京と名古屋の2会場で開催します。
新学習指導要領の「持続可能な社会の作り手を育成する」ための資質・能力育成型の
教育情報を提供します。
また「持続可能性」をテーマとした新たなプログラムについても紹介します。
カリキュラム・マネジメントやESD(Education for Sustainable Development)
についての基調講演や、実践事例紹介などを交え2020年までに身につけておきたい
学びについて考えます。

■イベント内容
Teachers'セミナースペシャル
テーマ:「オリンピック・パラリンピック教育」と「新学習指導要領」で
求められるこれからの学び

■期間及び場所 (東京と名古屋で連続開催)
期 間:平成30年12月25日(火)13:30-16:30
場 所:パナソニックセンター東京(〒135-0063 東京都江東区有明3丁目5-1)

期 間:平成30年12月26日(水)13:30-16:30
場 所:名古屋パナソニックビル8階(〒461-0001 名古屋市東区泉1-23-30)

■詳細・お申込み先
▼Teachers'セミナースペシャル ホームページ
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/child/education/teachers_seminar_special.html

■お問い合わせ
パナソニック「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム運営事務局」
(株式会社キャリアリンク内) TEL 06-6226-8288

皆さまのご参加、お待ちしております。

*************************************

最後までキッド・ウィットネス・ニュース(KWN)メールマガジンを
お読みいただき、ありがとうございました。

作品完成に向けて、皆さん、頑張ってください!!
そして機材の取り扱いについては、十分お気をつけくださいね!
それでは、皆さん、良いお年をお迎えください。
また次号でお会いしましょう!

▼メールマガジンのバックナンバーはこちらからご覧いただけます
https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/production/mailmagazine.html

┌──┐
│\/│==========================================================
└──┘
当メールマガジンでは参加校からの「声」を集めております。
本メルマガに関するご感想、ご意見はもちろんのこと、活動に関する疑問や悩み、
また、うれしかったことなど「生の声」をお送りください!

パナソニックキッズスクール KWN日本運営事務局
パナソニック学び支援プログラム インフォメーション
〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル10F
TEL:03-3572-0811 FAX:03-3572-0851 (土日祝日を除く平日9時から17時まで)
e-mail: piks@dsn-bpo.jp
================================================================