グループCEOメッセージ

写真:パナソニック株式会社 代表取締役 社長執行役員 グループCEO 楠見 雄規

経営の基本に立ち返り
物と心が共に豊かな理想の社会を実現

パナソニックグループは、綱領に謳われている通り、「社会生活の改善と向上」と「世界文化の進展」に寄与することを目的に、あらゆる企業活動を進めてまいりました。

この度の事業会社制への移行を機に、それぞれの事業会社が培ってきた強みをさらに磨き上げ、今後も社会に貢献していくために、私たちは今一度、経営の基本の考え方、すなわち創業者 松下幸之助が確立した基本方針に立ち返り、現代の社会環境や社会通念に即した「パナソニックグループの経営基本方針」として、改めて実践してまいります。

地球環境問題をはじめとする社会課題と正面から向き合い、その解決、あるいはさらなる社会の発展に向けて、あるべき理想の姿を考え抜き、それを起点とした事業経営を行っていく。そして、お客様にお選びいただけるよう、自らの価値創出力や現場力をたゆまず磨き続ける。これらを通じ、お客様の期待を超える、優れた商品やサービスをお届けしていきます。

松下幸之助は、「人間の幸福は、物心両面の豊かさによって維持され向上が続けられる」と考え、「物心一如」の理想の社会を目指していました。私たちはその実現に向けて、グループ一丸となって、たゆまぬ挑戦と改善を尽くしてまいる所存です。
今後とも、皆様のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

パナソニック株式会社
代表取締役 社長執行役員 グループCEO

楠見 雄規