材料分析 Materials Analiysis

ステンレスの腐食

2009年12月28日

ステンレス鋼は錆びない金属だと思っていませんか。

確かにステンレス鋼は錆びにくい鋼です。ただし、ある一定の条件が揃うと簡単に錆びてしまいます。
ステンレス鋼は、鉄にクロムを添加することで、表面に不働態膜と呼ばれる酸化膜を形成し、それ以上の酸化を防ぎ、錆びにくい状態を保ちます。しかし、塩素イオンと水が存在すると、その不働態膜が破壊され、腐食が進行して、錆びてしまいます。他にも使用状態や環境にも左右されます。

このような錆びたステンレス鋼の状態を分析することで、錆びの原因を特定することができます。

デバイス創造

その他、材料分析についてはこちらをご覧下さい。

材料分析HP

材料に関する困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません