材料分析 Materials Analiysis

身近な物の中身を見てみよう(ボールペンのX線CT観察)

2010年9月30日

普段何気なく使っている物の中身がどうなっているか、気になったことはありませんか?

でも、物自体を壊したくはない、といった時に非破壊で中の様子を見ることができるのが、X線CT装置です。

この装置は、非破壊で輪切り(断層)や3次元の像を見ることができます。例として、ボールペンの先端を見たものが下図です。本当にボールが先端に組み込まれている様子がよくわかります。

この装置を使うことによって、さまざまな物の中を解析することができます。 

物の中を解析の図

弊センターでは様々な材料分析サービスを提供しております。詳細ついてはこちらをご覧下さい。

材料分析HP

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません