材料分析 Materials Analiysis

期待の若手、有機構造解析担当・日永田さんの紹介 ~メンバー紹介2~

2020年5月11日

こんにちは。材料ソリューション部 有機分析課の内田です。

有機分析課のメンバー紹介の第二回は、私と同期で2019年入社の日永田さんです。かなり珍しい名字の持ち主で、なんと全国でもおよそ800人しかいないそうです!ちなみに、読み方は簡単で日永田と書いて「ひえいだ」と読みます。

日永田さんは、学生時代に色素分子の合成研究をしていて、分子構造の設計や合成、合成したものの性質や性能の測定・評価など、何でも一人でできてしまいます。色素分子とは、読んで字のごとく、色を持った分子のことで、皆さんの周りの様々なものに色を与えてくれています。

日永田さん

現在は、核磁気共鳴分析装置(NMR) 、質量分析装置(MS)、ゲル浸透クロマトグラフ分析装置(GPC)などを活用して、パナソニック製品に使われている樹脂材料(プラスチック、ゴム、接着剤など)の組成分析や反応解析、構造解析に取り組んでいます。材料の構成成分や化学構造を把握したい、材料が硬化する際の化学変化を追求したい、材料の性能向上や不良原因の要因となる成分を特定したい、などのお困りごとがある方は、ぜひ日永田さんに相談してみてください!

趣味はクラシック音楽とコーヒー、カメラなど非常に多趣味です。オーボエという木管楽器を演奏をしているそうで、かなりの腕前だとか。いまも、社内の吹奏楽団に所属しており、演奏会などもしているようなので興味のある方は一度聞きに行ってみてください。

会社にも自分で淹れたコーヒーを持ってきており、その時々で抽出方法を使い分けるなど、こだわりを持っています。焙煎による化学変化や抽出法ごとの抽出成分の違いなど、有機化学的な要素が彼の心をくすぐるのかもしれませんね。

日永田さん

そんな日永田さんに入社してからの一年を振り返っていただきました!

「想像以上に幅広い分野の材料に触れながら、日々新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいます。様々な専門性を持つ先輩方と協力しながら、この組織にしかできないソリューションを提案させていただきたいです!」

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【メンバー紹介】
内田さん

【メンバー紹介】
日永田さん

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません