材料分析 Materials Analiysis

期待の若手、無機形態観察担当・李さんの紹介 ~メンバー紹介3~

2021年2月16日

こんにちは。材料ソリューション部 有機分析課の内田です。

メンバー紹介も第3回目となりました!これまでは有機分析課のメンバーを2人紹介してきましたが、今回は無機分析課の期待の若手、李さんを紹介します。

李さんは、中国出身! 日本に興味を持ったきっかけはアニメで、名探偵コナンやONE PEACEが大好きだそうです。高校卒業後、日本の大学に進学されましたが、その時はなんと日本語が全く話せなかったそうです。今では流暢な日本語を話されるので全く想像がつきません!
学生時代は、半導体材料から通信・制御、電気エネルギーまで幅広く学ばれ、走査電子顕微鏡(SEM)とカソードルミネッセンス(CL)測定法を駆使し、光・電子デバイス、特に次世代深紫外半導体LEDに用いられる薄膜材料の空間分解分光に関する研究に取り組んでいたそうです。

李さん

現在は、走査電子顕微鏡(SEM)に加えて、エネルギー分散型X線分光分析(EDX)、ブロードイオンビーム加工(CP)などのスキルを習得し、半導体チップ、燃料電池、イメージセンサ、LIBなどのデバイスやそれらを構成する新規先端材料の開発・品質向上に貢献しています。お困り事がある方は、ぜひ気軽に李さんに相談してみてください!

スキーやランニングが趣味である一方、家では音楽を聴き、猫と戯れているとのこと。気分により、アウトドアとインドアを使い分けているそうですが、今期は、近場の福井県でパウダースノーを楽しまれたようです。もうすぐ春ですが、桜の季節も楽しみにしているとのことでした。

スキー場で

そんな李さんにプロダクト解析センターに入っての感想を聞いてみました!
2021年になりたい姿とは?

「大学院1年生の時にインターンシップを通じて、プロダクト解析センターの仕事を体験しました。材料解析装置に関する知識とスキルを活かせる職場で違和感が全然無かったのですが、入社後もその時の印象のままです。

プロダクト解析センターに入って、様々な新規先端材料・デバイス開発をサポートでき、お客様に寄り添う技術者になり、お困り事の本質を理解し、周りの方々と協力しながら取り組んで行きたいです。さらに、日本語、英語、中国語能力と解析技術を活かし、グローバルサービス展開、新たな価値の提供に貢献していきたいです!」

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【メンバー紹介】
内田さん

【メンバー紹介】
日永田さん

【メンバー紹介】
李さん

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません