電子回路解析 Electronic Circuit Analysis

出来上がった基板を前に『どうしよう???』と思ったあなたへ

2020年10月15日

電気ソリューション部 電子回路設計課の川上です。

今回は、基板改造の話です。。。
お客様からの声に対応させて頂いた事例を何点か紹介しま~す。

(1)

「出来上がってきた基板を見て、間違いに気づいて。。。。。
『やってしまった!!』」と驚愕されて連絡がありました。
そんな基板は、パターンカットやジャンパー配線等々で、蘇らせることができます。
他では難しかったり、面倒な基板の改造も、簡単な指示を頂くだけで対応します !!

パターンカットやジャンパー配線

(2)

「試作基板の設計打ち合わせの中で、『基板小型化の為に小さいチップを使いたいけど、
小さすぎると定数調整の時、チップ交換ができない!!』」とのお話がありました。
私たちに御依頼頂けば、0402まで、交換や後付けができます。

(3)

「基板がうまく動作せず、『BGAが怪しい。。。でも、プローブをあてることができない。。。どうしよう???』」とのお声掛けがありました。
そんな時は、‹仮定›良基板と‹仮定›不良基板にそれぞれ搭載されているBGAの交換で特定できるんです。
 ※0.4㎜Pitchまで対応可能です!
 ※0.4㎜Pitchまでであれば、ボールからのジャンパーも可能です。

BGAの交換

(4)

「部品のEOL(End of Life)があったので、部品メーカーから代替品の連絡があったけど形状が違うので、そのままでは、今の基板に実装できない。。。『どうにかならない???』」との問い合わせに、変換基板の製作~POP(Package On Package)実装を提案させて頂きました。

End of Life

関連リンク

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません