EMC EMC Design and Certfication

EN55015:2006+A1:2007+A2:2009が官報に掲載されました!

2010年11月11日

EMCの橋坂です。

照明器具のEMC評価を実施されている方は必見です!
11月11日に発行されました官報に EN55015:2006+A1:2007+A2:2009が掲載されました。

EN55015:2006+A1:2007+A2:2009では,新しい測定法である「CDN法」が追加されており,電波暗室で測定を行う放射妨害電界強度測定の代わりに,CDNを用いて測定を実施してもよいということになっております。
測定周波数範囲は30MHz~300MHzです。

「CDN法って初耳やなぁ~」という方へ・・・

簡単にご説明しますと,下図の通りセットアップし測定を行います。
シールド室で測定が実施でき,セットアップにも時間がかかりません。

シールド室で測定が実施

下記の写真が実際にセットアップを行っている風景です。
(サンプルの型番などをメモしているところです)

サンプルの型番などをメモしているところ

同じサンプルを用いて,放射妨害電界強度測定法とCDN法のデータを収集し,比較した結果もありますので,次回,アップしたいと思います。お楽しみに!!

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません