EMC EMC Design and Certfication

VCCI技術専門委員会が弊社で開催されました

2011年3月4日

EMCの稲田です。

先日,弊社にて(財)VCCI協会様の技術専門委員会が開催されました。
多くの委員の皆さまにご来社いただき,技術検討,及び情報交換など有意義な時間を持たせていただきました。

併せて,皆さまには弊社の品質評価技術センターをご見学いただきました。
以下は火災警報器のデモ実験の様子です。

1階の火災に,2階の火災警報器が連動して作動するデモ実験です
1階の火災に,2階の火災警報器が連動して作動するデモ実験です

数ある評価設備の中で,皆さんのご感心を最も集めたのが,パナソニック電工が誇る照明器具の「高速自動配光測定装置」です。

品質評価技術センター パンフレットより
品質評価技術センター パンフレットより

半径5mの円弧上に109個の受光器が設置されており,照明器具の全方向の照度をわずか数秒で測定します。

一方,EMCの測定ではターンテーブルを回し,アンテナを上下させて,手間と時間をかけて最大値を見つけ出します。「電磁波」の種類は違えど,似かよった目的の測定ですので,皆さんのご興味を引かれたのかも知れません。 

(ご参考) EMCの測定風景
(ご参考) EMCの測定風景

また,GHz帯のEMI測定では,基本的にアンテナを移動させませんので,水平方向のみの最大値を測定することになります。個人的には照度測定のような手法で,全方位の放射特性を測るのがベストのような気がいたします。アンテナを並べれば短時間で済みますし。

久しぶりに見学にご同行させていただき,改めて勉強になりました。

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません