信頼性 Reliability Evalution

金、銀、銅と腐食のお話

2014年2月17日

信頼性サポートグループ 信頼性評価チーム 田中伸幸です。

オリンピックのメダルと言えば金、銀、銅ですがなぜこの順序なのでしょうか?
やはり金、銀、銅の順番で価値が高いと皆が認識しているからでしょう。この順番は耐腐食性の順序でもあります。

金はほぼ腐食しない。
銀はH2S等特殊な腐食ガス環境下で腐食する。
銅は一般的な腐食ガスでも腐食する。

代表的な金属の標準電極電位
代表的な金属の標準電極電位

さらに金は電気特性も加工性も優れています。つまりすべての接触部品、導電材料を金にすれば全て解決、腐食トラブルはこの世からなくなります。めでたしめでたし・・・
といかないのが世の常、金はとてつもなく高いのです。

金と銀、金と銅の価格の差は現在ほぼ以下のとおり
  金 1g: 4400円
  銀 1g:  70円
  銅 1g:    0.7円
(金は、銀の63倍、銅の6300倍の価格)

銀及び銅の腐食 

銀及び銅の腐食
銀及び銅の腐食

試験条件

1. ガス種類:H2S
2. ガス濃度:1ppm
3. 温度:40℃
4. 湿度:80%
5. 試験時間:24時間
6. 試験機 :ファクトケイ社製KG200

試験機

ちなみに江戸時代の日本では金は銀の5倍の価格でした。当時国際的には約15倍程度でした。このため開国後金が国外に大量に流出しました。

金には貨幣の代用の意味もありますので、金とその他の金属との値段の差はますます開く可能性があります。ということで金から銀から銅というように耐腐食性に劣る材料を工夫して、使用する必要があります。そうなると腐食トラブルが心配です。

腐食試験(ガス及び塩水)のご依頼はパナソニック㈱解析センターへ

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません