信頼性 Reliability Evalution

大容量パワーデバイスの評価サービスを開始しました

2017年1月20日

信頼性ソリューション部 製品評価課の高木です。

パワーデバイスは、電源(電力)の制御や供給を行う半導体であり、車載関連、蓄電システムなど、私たちのまわりの色々な製品に使われており、今後もエネルギー、環境分野での応用が期待されています。反面、扱う電圧や電流が大きく、使用環境も厳しいことから、故障や事故につながる可能性がある為、高い信頼性が要求されています。

パワーバランス

このような開発環境を考慮し、この度、大容量パワーデバイスの評価が可能な設備を導入しました。また、1台あたりの定格電力は、8kWですが、最大5台並列して運転(40kW)することも可能です。

大容量パワーデバイスの評価

<試験サービス>

高温もしくは高温高湿環境下で高電圧(~850V)を印加して、絶縁劣化の故障モードを再現する試験です。 劣化状態は、リーク電流を常時測定することにより把握することができます。

試験サービス

併せて、『限られた期間内で信頼性試験をしたい』、『新製品の安全性を評価したい』といったお困りごとが ございましたら、お気軽にご相談ください。

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません