ユーザビリティ Usability

分析手法紹介(圧力分布解析)

2009年10月26日

製品にどのように身体が触れているかを計測することで、使い心地や快適性を知ることができます。

そこで今回は圧力分布測定についてご紹介します。

 

測定方法

フィルム状のセンサシートを、製品のモニターさんが触れる部分に貼り付けます。
その状態で製品を使用してもらい、センサシートに加わる圧力の分布と大きさをパソコンを使って読み取ります。
連続的に計測できるため、時系列での圧力の変化や作業中のピーク値などを求めることも可能です。
また、必要に応じて、圧力だけでなく重心位置なども調べることができます。


事例紹介(車いす走行時の体の揺れを評価)

今回紹介する圧力分布解析は、車いす走行時の体の揺れを評価するために、数種類の車いすとクッションを組み合わせ、それぞれの座面における平均圧力と重心の移動距離を計測しました。
その結果、身体に伝わる揺れがより少なく、快適と感じられる組み合わせを明らかにすることができました。

 

平均圧力 結果例

評価内容について、御興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません