ユーザビリティ Usability

インド出張 その5

2011年10月14日

こんにちは。ユーザビリティ 川口です。
1年近く小出しにしているインドネタ,まだ続いています!
1年前はインドは全く未知の世界でしたが,この1年弱の間に解析センターから何人もインド出張に行かれたり,私と一緒に出張した他部署の方がインド赴任になったり,すごい勢いでインドが近くなってると感じます。

 

リスに噛まれて、狂犬病!

前回に引き続き,体調管理のお話です。
インドでは,肝炎,マラリア,狂犬病,破傷風などに注意が必要だそうです。社内で予防接種が望ましいとされているのは肝炎と破傷風です。私も出張前に予防接種を...と思っていたものの受けそびれてしまいました(すみません。危機管理がなってません)。これからインド行かれる方は,1ヶ月前から準備してくださいね。

さて,インドの街中は牛や野犬など動物が自由に歩いているというイメージですよね。
私も牛が歩きまわっている!という期待をしていたのですが,残念ながらムンバイでは渋滞緩和のため牛は郊外に追いやられているようです。(牛が道を塞ぐために、渋滞するそうです)。

たまに牛が歩いていると,うれしくなります。
たまに牛が歩いていると,うれしくなります。

牛にかわって目につくのが野良犬。
日本の洋服を着た犬とは違って,ワイルド感あふれています。自分で生きてるという感じ。人間の物を盗ることもなく(盗ると痛い目にあうので),攻撃してくることも,逃げることもなく,人間と犬がいい距離感で共生しているなぁと感じました。

日本の犬のようにカワイイかんじではないので近づくことはないと思いますが,噛まれると狂犬病のおそれがあります。狂犬病の予防接種は,噛まれてから治療開始するまでの期間を延ばすためのものだそうです。予防接種していない場合でも,その日のうちに病院へ行きワクチン接種してもらえば助かるそうですが,ワクチンは同じものを4回打つ必要があるので初回に4回分の確保が大事と聞きました。近くに病院のないような田舎に行く場合は,予防接種は必要ですね!!

日本の犬よりも強そうな顔してます。(やせてるだけ?)
日本の犬よりも強そうな顔してます。(やせてるだけ?)

狂犬病、注意が必要なのは犬だけではありません。
見学させていただいた工場では,庭の木にリスがいるそうですが,かわいいからと手を出して噛まれると狂犬病になるよ,と教えていただきました。ネコ,リス,ネズミ,サルなど哺乳類全般がキャリアの可能性があるので,かわいい動物を見つけても触ったらダメだそうです!

犬も人間に興味がないようですし,普通にしていれば,街中ではまず噛まれることはなさそうです。安心して出張にお出かけください。

工場の庭?です。おいしいマンゴーが採れるそうです。
工場の庭?です。おいしいマンゴーが採れるそうです。

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません