ユーザビリティ Usability

ユーザビリティ メンバー紹介2 ~人間研究の小川~

2019年1月18日

こんにちは。ユーザビリティの岡田です。

シリーズ第2回は、部長の小川さんを紹介します!

紹介する人:岡田  →  紹介される人:小川さん
紹介する人:岡田  →  紹介される人:小川さん

1996年入社の小川さんは、現在、ユーザビリティソリューション部と企画管理部の部長を兼務しています。

担当者時代、小川さんは、
①人間工学による電気シェーバー、ラムダッシュのグリップの開発
②感性工学によるマッサージチェア、リアルプロのもみ味(マッサージ)の開発
③システムキッチンやシステムバスなど住宅設備機器のユニバーサルデザイン商品の開発
等、ユーザの気持ちを科学的に解析し、たくさんの商品を開発してきました。

 

部の責任者としての現在の仕事を小川さんは大きく3つ挙げています。それは、
(1)世の中の役に立つ新しい旗を立て、そこに辿りつくこと(目標を設定し、それを達成すること)
(2)人を育てること(今よりもっとすごいことができるチームを作ること)
(3)みんながここで働きたいと憧れる職場をつくること
です。

 

今後については、「一言でいうとSociety5.0時代にふさわしいユーザビリティソリューションの実現。
我々は、あいまいな人の感覚を科学的に解析することに長けています。
今後は、この強みを更に磨き、人間の様々な側面をデジタル化していく新デジタルヒューマン構想を進めたいと思っています。そして、それらのデータを活用し、特に、一人一人のその時にマッチしたパーソナルフィットを科学的に導けるチームを作れたらと思っています。
人中心のくらしアップデートをみんなで創っていきましょう!」とのことでした。

新デジタルヒューマン構想

小川さんは人の気持ちを汲み取る洞察力に長けています!(部のあるメンバー談)


今回、その理由を探ってみると、小川さんが心理学の本をたくさん読んでいることが判明!
(「ザ・ソーシャル・アニマル」、「影響力の武器」という本を大学時代から読んでたそうです。)
こういうところで得た知識が活かされているのかもしれません。怖いですね(笑)

 

プライベートでの趣味はゴルフですが、去年から始めた釣りにも、今、がんばっているとのことでした!
自己評価では、「センスあり◎」だそうです(笑)

去年から始めた釣り

メンバーの成長を大切にしている小川さんは、部のメンバーからも慕われています。
今後もユーザビリティソリューション部のリーダーとしてメンバーを引っ張ってくれるよう、よろしくお願いします!

 

次は、UCD課の立田さんの紹介を予定しています!

メンバー紹介についてはこちら

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません