ユーザビリティ Usability

ユーザビリティ メンバー紹介3 ~生理・心理の立田~

2019年1月30日

 こんにちは。ユーザビリティの波潟です。

シリーズ第3回は、立田さんを紹介します!

1992年入社以来、(1)生理生体評価と (2)心理評価の2本柱で仕事をしています。

(1)生理生体評価では、心拍、脳波、皮膚温度、血流、肌水分などの計測スキルを活用して "温熱感"、"うるおい感"、"むくみ"、 "覚醒・ねむ気"、 "リラックス感"といったヒトの状態・感覚を評価しています。特に、体に起こる生理生体反応の仮説を立て、検証することで製品が 期待どおりの効果効能になっているのか、効果を引き起こす設計因子は何かを明らかにしています。

 

(2)一方、心理評価では、生理生体では明らかにしにくい"風合い"、"仕上がり感"などの感性を定量化し、多変量解析を使って感性に影響を与える設計因子を明確にする、最適仕様への落としこみ等も実施しています。

 

広い分野の知見を持っているため、分野や商品に限らず、目的に応じた様々な評価を設計できることが立田さんの強みです。

入社当初、会社では大学と違った知識が求められたので、必死に勉強したそう。
今では、学会より人間工学専門家として認定を受け、社外の企画会社から数多くのセミナー講師本の執筆を行うなど、常に第1線で活動しています!
 

プライベートではお子さんを3人育てていて、家庭でもパワフルな立田さん。
趣味の魚釣りでは、家族でアジ200匹釣りあげたときには、さばいた上で友達にあげたことも。流石ですね!

 

今後、集中力評価などを始めとして、脳のメカニズムももっと勉強したいという立田さん。
ますます精力的に活躍されると思います。

 

最後に宣伝です。
立田さん執筆3冊目の専門書が2018年の12月に販売されました。大学の先生がほとんどの中、依頼を受けてメーカーから執筆している中の一人です。ご興味のある方は、ぜひ検討ください。

次は、UCD課の佐藤さんの紹介を予定しています。

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません