ユーザビリティ Usability

突然ですが、あなたはどんな資格・技能を持ってますか?

~ユーザビリティメンバー保有資格紹介~

2020年12月23日

こんにちは。ユーザビリティの和家佐です。

今回は、「調査してみました」シリーズ第一弾として、ヒトの解析に携わるユーザビリティソリューション部のメンバーが、どのような資格や技能を持っているのかについて調べてみました。

ヒトの解析に直接関係あるものから、一見関係なさそうなものまで、幅広い資格・技能が集まりました。メンバーの人となりや部の特徴を知って頂く機会になればと思います!

資格・特技イメージ

○ 調査してみました 「どんな資格・技能を持ってますか?」

ユーザビリティソリューション部のメンバー全員を調査した結果がこちらです。

ヒト・くらし

技術・技能

その他

臭気判定士(国家資格)

公害防止管理者(騒音分野)

アマチュア無線 4級

日本人間工学会認定 人間工学専門家

公害防止管理者(振動分野)

生け花(未生流)師範 

消費生活アドバイザー

環境計量士(騒音・振動関係)

着付け(日本きもの学院)師範

UDコーディネーター2級

一般計量士

書道(学生 2段)

社団法人色彩検定協会 色彩能力検定 2級

機械製図技能検定 2級

弓道 1級

東京商工会議所 カラーコーディネー 3級

衛生管理者(第一種)

フラワーデザイナー 1級

JHRS認定リフレクソロジープロライセンス実技士資格

応用情報技術者試験

大型自動車二種免許

福祉住環境コーディネーター 2級

情報処理技術者試験(ITパスポート)

日本健康マスター検定スタンダード

危険物取扱者(甲種)

情報処理検定 2級

TOEIC 850点以上

仏検 3級

日本商工会議所珠算能力検定 10段

日本商工会議所暗算能力検定 10段

全国珠算教育連盟珠算検定 10段

全国珠算教育連盟暗算検定 10段

いくつか、ちょっと変わり種の資格を紹介します。

臭気判定士とは、嗅覚によってにおいの測定を行うための資格で、サンプルのにおいを精度よく判定する知識と技量を保有していることを認める国家資格です。空間環境のにおいや商品が出す香りが、人の感性や生理生体にどのような影響を与えるのかについて、科学的に解析している私たちの仕事にも直結する資格ですね。

この資格は、メンバーの池田さんが保有しています!
池田さんは香りや音といった5感の刺激に対する感情推定などを担当しています。部屋の残り香から、誰がその部屋にいたのかが分かるんだとか。センサ要らずですね。

プロダクト解析センターでは、信頼性ソリューション部にも臭気判定士を持ったメンバーがいます。こちらは、ナノイーによる脱臭効果の検証などを担当しています。衛生面での検証から人への作用まで、人・空間に対して、総合的に解析できるのもプロダクト解析センターのユニークなところだと思います!

皆さんご存じのそろばんの検定ですが、なんと珠算・暗算ともに最上位の10段です。これがどれくらいすごいのかを知るために、検定の問題を見てみましょう。

 ① 752,806 × 71,654 =

 ② 0.083257 × 985.07 =

      ・・・

これを1問10秒のスピードで、60問を2問ミス以内で解答できるのが10段とのこと。とてもできる気がしません。

この資格は、メンバーの岡田さんが保有しています! 
岡田さんはAIを用いた感情推定や画像認識の技術開発などを担当しています。そろばんとAIの相性も良さそうですね。

なんと、メンバーに生け花の師範がいます!生け花と聞くと特別な感性やセンスがすべてのように思ってしまいますよね。ですが「未生流」という流派は、白銀比・大和比とも呼ばれる1:√2の幾何学的な造形理論に基づいた美しさが特徴なんだとか。美しさという捉えにくい感性も、こうした定量的な理論のもとに成り立っているんですね。

この資格は、メンバーの立田さんが保有しています!
立田さんは人間工学専門家の認定も保有していて、生理生体・心理の幅広い知見から目的に応じた評価を設計できる感性評価のプロです。理論に基づく感性評価の強みは、生け花師範によるところかもしれませんね。

ユーザビリティソリューション部には、他にも様々な資格や技能を保有するメンバーがいます。皆さんの課題やお悩みを、私たちならではのソリューションで解決していきます!

最新記事

情報館では、プロダクト解析センターWEBで掲載されない情報をリアルタイムでお届けしています。

    現在、新しいお知らせはございません