電波伝搬解析 (シミュレーション)

建物の構造や建材(木造、RCなど)、壁のレイアウトなどによってどのように無線機器からの電波強度が変化するかをシミュレーションし、屋内での無線LAN、火災報知機などの通信可能エリアを可視化します。通信を確立するための建物構造やアンテナ、WiFiルータの設置場所などを選定が可能です。また、送受電アンテナをモデル化することで、機器同士の電波干渉の定量化も行えます。計算可能範囲は400MHz~6GHzです。

住宅を三次元でモデリング シュミレーション結果 住宅を三次元でモデリング シュミレーション結果

使用ツール

  • Ray Trace法