リファレンスオープンサイトを用いた電界強度測定

「リファレンスオープンサイト」は、60m×52mのグラウンドプレーンを持つ日本最大級のオープンサイトです。CISPRやVCCIなどのEMC規格はもとより、国内の電波法や電安法で要求される測定距離30mでの電界強度測定が可能です。

オープンサイトのメリット

オープンサイトは1GHz以下の電界強度測定の基準となる測定場です。理論値に近いサイトアッテネーション特性を有するオープンサイトでの測定により、信頼性の高い測定結果を得ることができます。また、世界初の可動式シェルターにより、雨天時でも測定が可能です。

  1. 理想の測定環境:測定の不確かさの最小化が可能
  2. 測定費用のコストダウン:電波暗室に比べ、測定費用が安価
  3. コンプライアンス面での利点:EMI規制の基準となるサイト

大型機器の放射ノイズ測定や、アンテナ校正にも対応

電波暗室では対応が困難な自動車、設備機器などの大型機器の放射ノイズ測定や、高精度の測定環境が要求されるアンテナ校正にも適しています。また、通常の電波暗室は30MHz以下の性能が規定されておらず、シールド壁や電波吸収体の影響が懸念されますが、オープンサイトはそれらの物理的な影響を受けないため、30MHz以下の電磁波測定においても、最も適した環境と言えます。

評価事例:電力伝送システム
評価事例:車載用アンテナ