耐薬品性評価 ーケミカルクラック試験/ソルベントクラック試験ー

汎用的に使用されている市場品も、樹脂との相性によってはトラブル原因になりうる可能性があります。

樹脂の例 … ABS、PC、ABS+PC、POM、アクリル など   一般家庭 … 洗剤、化粧品、接着剤、除菌アルコール、食用油 など  工場  … 有機溶剤、可塑剤、潤滑油 など 樹脂の例 … ABS、PC、ABS+PC、POM、アクリル など   一般家庭 … 洗剤、化粧品、接着剤、除菌アルコール、食用油 など  工場  … 有機溶剤、可塑剤、潤滑油 など
試験前と試験後 試験前と試験後

試験の流れ

樹脂試験片を12段階(0.2~1.6%)の定歪治具に取り付け →  薬品塗布 →  一定時間後の樹脂試験片の外観状態を確認 →  臨界歪み導出

使用環境を想定した薬品を樹脂試験片を塗布 使用環境を想定した薬品を樹脂試験片を塗布

アウトプット例

外観変化(割れ/クラック等) 外観変化(割れ/クラック等)
薬品割れは、“歪み“ のかかった位置に ”薬品” がかかることで発生します。   ※ 樹脂成形品に発生する歪は、ねじ締結やインサート、組立により発生するものから、     成形時の残留歪といった成形品内部に存在するものなどがあります。 薬品割れは、“歪み“ のかかった位置に ”薬品” がかかることで発生します。   ※ 樹脂成形品に発生する歪は、ねじ締結やインサート、組立により発生するものから、     成形時の残留歪といった成形品内部に存在するものなどがあります。

活用例

  • 仕様変更を検討している樹脂同士の優劣比較
  • 使用環境下のリスク評価
  • 設計時の安全率算出(形状検討/ねじ締結のトルク基準) など

上記の内容以外にも、製品形状でのご評価や上記試験結果を踏まえた割れの原因究明などのトラブル対応も行っておりますのでお気軽にご相談ください!