一時停止
Interist surprise agree
relax happy sad

身体とココロに変化を分析し、あなたにフィットする暮らしを実現

プロダクト解析センターでは、かねてからデジタルヒューマンシミュレーション技術による
「身体の負担を見える化」で使いやすい商品作りに貢献してきました。
さらに、しぐさや表情、心拍など生理データのマルチモーダルな解析技術により
「ココロの状態の見える化」も可能になりました。
心身の状態をリアルタイムに見える化することで、潜在ニーズを把握し、
ユーザーにとってさらに安全で快適な商品や、生活空間、仕事空間の提案につなげています。

さらに安全で快適な商品や生活空間、仕事空間の提案 ユーザーの状態を理解する:ココロの状態も見える化・定量化最適な商品、サービスを提案する:リアルタイムな可視化・定量化

マルチモーダルな評価技術によりココロの状態を見える化・定量化

身体負担の見える化(デジタルヒューマン)に加え、
ココロの状態も見える化することにより、ユーザーの状態をより深く捉えることができます。

身体負担の見える化:独自の身体負担シミュレーション(デジタルヒューマン)×ココロの状態の見える化:表情、瞬目、姿勢、特定動作、座圧、重心位置、移動速度、皮膚温度、脳は、皮膚電位、心拍、・・・(満足・緊張・疲れ・興奮)

リアルタイムな可視化・定量化により、その瞬間!に最適な商品、サービスの提供に貢献します

瞬目、体動、重心変動、表情、声色、呼吸数、視線など、カメラや画像認識を用いた、非接触型の推定技術により
リアルタイムにユーザーのココロの状態を把握し、最適な商品やサービスの提供を可能にします。

デジタルサイネージの事例 ・ユーザーのココロの状態を定量化:カメラX画像認識により見ている人の顔特徴点、視線、顔の向き、注視時間、時間変化を分析 ・データベースに基づく推定:年齢、性別、興味を推定(30代女性ファッションに興味あり) ・最適な商品、サービスの提供:ユーザーに応じたコンテンツ表示
活用事例 ・オフィス休憩時の瞑想、仮眠、香りの効果評価(リラックス:体動・脳波解析・心拍解析) BGMの導入による作業効率の評価(生産性:表情解析・身体負荷・動作解析) ・オンライン学習時の集中評価(集中:心拍解析・表情解析・体動) ・快適性評価に基づく空調や照明のコントロール(快適性:心配解析・脳波解析・皮膚温度)