オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム  2020年度 実施報告

全国の先生方ご活用いただき、
誠にありがとうございました!

パナソニックはオリンピックとパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、四半世紀にわたって、 大会の運営をサポートしてきました。その経験や情報リソースを生かして「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」を開発し、全国の学校へ無償提供してきました。
2020年度はCOVID-19の影響もあり予測不能な状況が続きましたが、今年も全国の学校でご活用いただきましたので、その実施状況や概要、評価についてお知らせします。

2020年度実施概要

■実施規模

提供校数358校 生徒数67,087名 実施地域46都道府県

※以下の報告データは358校の提供校のうち、アンケートにお答えいただいた90名の回答データを元に作成しております。

■実施校種

※アンケート回答90名の内訳

2020年度(N=90)

回答数(人)

割合(%)

小学校

1

1.1

中学校

65

72.2

高等学校

23

25.6

支援学校

0

0.0

その他

1

1.1

合計

90

100.0

グラフ:実施校種

■活用プログラム割合

※アンケート回答90名中。複数プログラム実施あり。

 各プログラムの実施率

グラフ:プログラム実施割合

1校で①~⑤すべての
プログラムを実施している割合

48.9 %

(昨年度比 9.6ポイントアップ)

教員アンケート結果

■プログラム評価

※アンケート回答90名中。

 Q:各プログラムで設定している「授業のねらい」の達成に対して本教材は有効でしたか。

 ※以下、上の設問に対する肯定評価(=強く思う、思う)の累計を数字で表記

グラフ:プログラム①評価
グラフ:プログラム②評価
グラフ:プログラム③評価
グラフ:プログラム④評価
グラフ:プログラム⑤評価

■「事例ノウハウwebページ」での授業事例発信の評価

※アンケート該当質問回答24名中。

 Q:webページに掲載した、授業事例・アイディアなどの情報は参考になりましたか。

■教材活用のメリット

※アンケート回答90名中。

 Q: 本プログラムを活用してよかった点として、
   近いものや当てはまるものをお教えください。(複数回答可)

1位:映像やスライドの活用による授業の質の向上 84.4 %  2位:授業準備時間の削減 73.3 %  3位:教材研究への貢献 47.8 %
1.教材提供による  授業準備時間の削減 73.3  2.授業テーマに関する情報が  集約されていることによる  教材研究への貢献 47.8  3.映像やスライドの活用よる  授業の質の向上 84.4  4.本プログラムを通して  実施したかった学びが実現できた 26.7  5.資質・能力育成型の授業として  参考になった 16.7  6.思考ツールやワーク手法が  アクティブ・ラーニング型授業の  参考になった 32.2  7.本プログラムの活用により  新たな学びや気づきがあった 35.6  8.その他 0.0  9.未回答 0.0

教員の声

 【教材全体について】 映像、スライド、冊子などあり、教員自身があまり知識がなくても、内容が簡単にわかりやすく説明が書かれていたり、視覚的な教材が多かったため、効果的な授業が実施できました。時間が取れれば数時間違うテーマも実施したいと思います。ありがとうございました。  【映像教材について】 映像教材はクオリティが高く、専門家やプロの意見、現場の雰囲気を“生の声”として感じる事が出来る為、生徒も真剣にDVDを視聴していて、生徒の興味・関心を高めることができました。  【ワークや思考ツールについて】 プログラム①~⑤を通じ、思考ツールやワークの手法が取り入れられ、様々な視点・観点から学びを得ることができ、素晴らしい教材だったと思います。  【ワークや思考ツールについて】 プログラム①~⑤を通じ、思考ツールやワークの手法が取り入れられ、様々な視点・観点から学びを得ることができ、素晴らしい教材だったと思います。

全国各地の多くの先生方に授業を実施していただきました。誠にありがとうございました。 延期されたオリンピック・パラリンピック大会が開催予定の2021年度も本教材を無償提供いたします。

日本全国のたくさんの先生方に幅広く教材をご活用いただき、ありがとうございました。
引き続き、ワールドワイドパートナーとしての教育資源を活用し、
新学習指導要領の理念に基づいたキャリア教育プログラムを提供していきます。