オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム 事例ノウハウwebページ・・・学校ニーズにあわせた多様なアレンジ事例!教材研究にも使える!・・・

全国の教育関係者が本プログラムを活用した実例を紹介!プログラムのアレンジや工夫、年間カリキュラムの中での本プログラムの取り入れ方、研修でのプログラム活用例の紹介、有識者や実践者へのオリンピックとパラリンピックに関する教育インタビューなど、本プログラムを授業に取り入れた様々な学校・学年での実例をくわしく紹介していますので、プログラムを活用する場合のヒントがいっぱいです!オリンピックとパラリンピックを題材とした、多彩な教育プログラムを受けることにより児童・生徒が社会課題を知り、考え、生きた学びにする機会に本プログラムをご活用ください!

特別企画:オンライン授業編

緊急事態宣言や休校措置など学習機会の確保が難しくなる状況の中、 先生方にお役立ちできるよう、オンライン授業を実施くださった先生に取材協力いただきました。

関西学院千里国際高等部
日本アクティブラーニング学会会長
米田 謙三 先生

箕面自由学園中学校
安田 誠 先生

アメリカ合衆国
ニュージャージー日本人学校
矢出 大介 先生

明日すぐ使える!授業アレンジ編

プログラム全体の活用はもちろん、映像やスライド、ワークシートの使いたい部分を抜粋するなど、進めたい授業内容に合わせて、教材を自在にアレンジしてご活用いただけます。アレンジのしやすさも本プログラムの特長。児童・生徒の関心が高いオリンピックとパラリンピックが題材の本教材をフレキシブルに活用し、児童や生徒が新しい気づきを得られる、楽しい授業づくりにお役立てください。

学びの質を高める!単元構想、カリキュラム・マネジメント編

本プログラムを学校の教育課程や授業単元に組み込んだカリキュラム・マネジメントの実践例です。「オリンピックとパラリンピックが目指すサスティナブルな未来」「多様性と共生社会」などをはじめとした5つのプログラムはオリンピックとパラリンピックが持つ様々な社会的側面を含むので、多様な学校の教育課程に合わせて活用いただいております。よりよい教育課程のために本プログラムをお役立てください。

教材の特性を活かした活用!研修・研究活用編

研修にオリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラムを活用した実践例です。児童・生徒だけでなく、教育者を対象としても「アクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)」「授業づくり(総合的な学習の時間)」「カリキュラム・マネジメント」の視点でご活用いただいております。教員の皆様にとってもオリンピックとパラリンピックを題材に、新しい授業づくりや視点を得る機会にお役立てください。

特別インタビュー

東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え、オリンピックとパラリンピックが学習題材として持つ魅力について、有識者・実践者にインタビューを実施しました。奈須 正裕 氏には「資質・能力」、「主体的・対話的で深い学び」、教科等横断的な「カリキュラム・マネジメント」「探究型学習」とオリンピックとパラリンピックを題材とした教育について、また、プログラム実践教員の皆様には授業実施で意識すべきポイントなどを教育現場視点で伺っています。オリンピックとパラリンピックを題材とした授業を考える際の参考にお役立てください。

特別インタビュー記事制作にご協力いただいている教育関係者の皆様

【2020年オリンピック・パラリンピックイヤーに実施したいオリンピック・パラリンピック教育の魅力】
 東京学芸大学附属世田谷中学校 篠塚 昭司 先生
 西東京市立田無第四中学校 清水 祥彦 先生

事例に関するお問い合わせや掲載希望はこちら

オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム運営事務局
Tel. 06-6226-8288 FAX. 06-6251-7474

■オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラムについて

プログラム①

大会の意義とそれを支える人々

東京2020大会を例に、世界的スポーツの祭典である
オリンピックやパラリンピックがどのような人たちによって
支えられているかを考えます。

プログラム①

映像教材
オリンピックとはどんなもの?
リオオリンピックの舞台裏

プログラム②

多様性と国際理解 -おもてなしを考える-

世界からのゲストハウスの役割を果たすパナソニックセンター東京の”おもてなし”を例に、東京2020大会の開催にむけて、異なる文化や特徴をもった人たちを受け入れるために大切なことは何かを考えます。

映像教材
パナソニックセンター東京のおもてなし

プログラム③

テクノロジー&イノベーション
-技術革新が社会に与える影響を学ぶ-

過去の競技大会で活用された先端技術を知り、2020年の社会にあるとよい技術を考えることで、社会において技術革新や価値創造が果たす役割について理解します。

映像教材
放送技術の進化
2020年の社会(まち)はどうなっているだろう?

プログラム④

多様性と共生社会
-インクルーシブな社会を考える-

パラリンピックをテーマに、共生社会の実現のために、必要なことや自分たちができることを考えます。

プログラム①

映像教材
パラリンピックとはどんなもの?

プログラム②

オリンピックとパラリンピックがめざす
サスティナブルな未来

東京2020大会に向けたさまざまな取組やそれらが大切にしている考え方から、サスティナブルな未来の社会に向けて自分たちができることを考えます。

映像教材
大会が与える社会への影響
大会に向けて自分ができること