プログラム②

「国際理解授業の活用例:セネガルのおもてなし!」

・東京学芸大学附属世田谷中学校2,3年生での実践 ・総合的な学習の時間(テーマ研究)での活用 ・特定の国(セネガル)の「おもてなし」に焦点化したアレンジ ・対象国の「おもてなしプラン」を作成する発展ワークの追加

■アレンジ概要

プログラム②「多様性と国際理解」での活用事例です。先生が教材研究において、世界のおもてなしを調べたところ「セネガル」がおもてなし世界一の国であることを知り、授業の題材としました。同国のおもてなしの学習やセネガルのサッカー選手が学校にやってきた際に大切にすることを考えた上で、生徒が「おもてなしプラン」を作成するワークを追加した授業アレンジの紹介です。

プログラム②スライド教材アレンジ

発展授業で生徒の作成したポスター

●アレンジの経緯

国際理解の授業において、相手国の知識や情報を得るだけにとどまらず、より実践的な形で国際理解を深めるために、授業の中のワークでアウトプットまで行えるように構成したい。

矢印

●アレンジの概要

プログラム②を活用し、おもてなしの国「セネガル」に対象を絞って授業を実施。同国への理解を深めた上で、「おもてなしプラン」を考える実践的なワークを追加。

■アレンジの詳細

アレンジワークシート(一部)

東京2020大会において、海外の人々を「おもてなし」する上で大切なことを考える授業のアレンジ事例です。

  1. 2020年の東京大会でセネガルのサッカー選手団が
    来校するという設定を提示し、具体的にどう
    「おもてなし」したらよいかを問いかける。

  2. セネガルが「おもてなし世界一の国」であることに
    触れ、同国のおもてなしに関連する情報や映像
    (教材には含まれない)を提示。生徒は同国の特徴を
    ワークシートにメモする。

  3. 提示された映像や情報を参考にセネガル人を
    おもてなしする「一日おもてなしプラン」を
    グループで作成し発表する。

  4. おもてなしの例として「パナソニックセンター東京」
    のおもてなしの映像を視聴し、海外の人をおもてなし
    するために必要なこと・ものは何かを考える。

  5. 東京2020大会のボランティアに関する知識を得た上で、
    自分ができる「おもてなし」について考える。

生徒の考えた「一日おもてなしプラン」 ※黒板上部の数字はタイムスケジュール

●教員の声

篠塚 昭司 先生

東京学芸大学附属世田谷中学校 篠塚 昭司 先生

「国際理解」や「おもてなし」は相手の国の特徴や文化を知識として得るだけでなく、実際におもてなしを考えたり、行ったりすることでより深い理解につながると思います。スライド教材やワークシートを活用し、生徒の実態に合うように、より実践的なワークを追加しました。