プログラム①~④

「生徒主体の問題解決学習のカリキュラム編成!」

・東京学芸大学附属世田谷中学校2,3年生での実践 ・総合的な学習の時間(テーマ研究)での活用 ・生徒が主体となって学びをすすめる探究型の問題解決学習 ・年間の探究学習前半の興味・関心を高める段階でのプログラム活用

■アレンジ概要

プログラム①~④のカリキュラム・マネジメントにおける活用事例です。同校では生徒主体の問題解決を意識した授業を総合的な学習の時間で「テーマ研究」と題して行っており、各教科ごとに講座を開設、テーマを設定し探究を進めている。今回は社会科講座の「私たちの東京オリンピック・パラリンピック」というテーマの探究年間カリキュラムの編成例をご紹介します。

●年間カリキュラムイメージ

オリンピック・パラリンピック大会の様々な側面における生徒が考える課題の解決を目指し、生徒が自身の興味・関心から課題の設定、2学期に関係各所に対する「提案」の場面に向けて生徒が主体で追求を行えるようにカリキュラムを設定しました。

●アレンジの経緯

オリンピックとパラリンピックを題材とした生徒主体の問題解決学習の単元構成において、単元前半に大会の基礎的な知識や側面、それにまつわる課題などを学べる授業を設定したい。

矢印

●アレンジの概要

プログラム①~④を活用し、生徒が大会の様々な側面にふれることができる授業を実施。年間を通して育成したい3つの資質・能力も設定した授業・単元構成にした。

■カリキュラムの詳細

1. まずは年間のカリキュラムを考える上で、育成したい3つの資質・能力を設定。

・学習問題を発見する力  ・批判的思考力  ・概念的知識の獲得

2. それらの資質・能力を発揮できる活動場面を想定しながら、年間の学習を大きく4つの
 フェーズで捉えカリキュラムを編成。

①知る、調べる、考える フェーズ(第1回~5回)※上記年間カリキュラムの「回」と対応

大会についての基礎的な知識の獲得や多様な側面に触れ興味をひろげる段階。大会の様々な側面や社会に通じる多様な課題にふれることにより、2学期以降の学習で生徒が興味・関心にもとづいて追求課題を設定するための選択肢を増やす。

※本フェーズでプログラム①~④の一部教材を活用し、それぞれのプログラムのテーマ
 「支える役割」「国際理解」「技術革新」「共生社会」を活かした授業を設計。

②テーマを決める、仮説を立てる(夏休み)

1学期の「知る・調べる・考える」学習を踏まえて、個人レポートで自身が2学期に追求する課題を設定し、仮説を立てる。課題設定に際して、プログラム③のワークシートを使用し、興味のある大会の関連課題に対して「なぜ?」「どのように?」と深堀りを行うことでより課題の焦点化や課題背景の明確化を促す。

③追求する、まとめる、発表する(第6回~11回)

設定した課題からグループを形成し追求を行う。「中学生からの提案」として各グループが課題に対する提案を関係各所に行った。例:既存のピクトグラムには分かりにくいものがあるという課題に着目したグループは「中学生が提案するピクトグラム」と題して、より勘違いの少ないデザインに改良・提案した。

④新しい問題を発見する(研究終了後

テーマ研究発表を行った上で自身の研究をふりかえり、自己評価をする。年間の活動を総括した上で、新たに芽生えた疑問や発見した課題を認識し、次年度以降のテーマ研究につなげる。

●教員の声

篠塚 昭司 先生

東京学芸大学附属世田谷中学校 篠塚 昭司 先生

オリンピック・パラリンピックは様々な社会的な側面を含む題材で、探究テーマとして魅力あるカリキュラムを構成できる可能性があると思います。カリキュラム前半でパナソニックの教材を活用し大会の基礎知識や多様な側面に触れることで、後半で自身の興味のあるテーマを選択し学習を進められるように構成しました。