Panasonic Scholarship Asia 2016年度パナソニックスカラシップアジアの認定式を各国で開催 Panasonic Scholarship Asia 2016年度パナソニックスカラシップアジアの認定式を各国で開催

パナソニックスカラシップアジアの2016年奨学生の認定式が7カ国で開催され、97人の奨学生が認定されました。7月のインドネシアの認定式から始まり、フィリピン、台湾、マレーシア、インド、ベトナム、タイで行われました。各国の式典には、現地政府高官、大学代表、在外公館代表、パナソニックグループ会社の経営トップ、日本からはCSR・社会文化部部長などが出席、各国に根付いた活動となっています。
パナソニックスカラシップアジアは2014年度から実施している奨学金制度です。前身であるパナソニックスカラシップは、日本で学ぶアジア各国の学生への支援でしたが、パナソニックスカラシップアジアは現地の大学で学ぶ学生の支援を行っています。地域統括会社や各国の販社が奨学生の募集や選定を含めて運営をしており、 CSR・社会文化部では全体の運営や奨学金を支援しています。この奨学金制度は今年3年目を迎え、より地域に密着した活動となり、奨学生の数も増加しています。

インドネシア Indonesia インドネシア Indonesia

2016年7月27日開催

パナソニックマニュファクチャリングインドネシア(PMI)にて開催。認定式はパナソニックゴーベルグループの創業日にあたる7月27日に開催され、11人の新奨学生を認定しました。

写真:パナソニックマニュファクチャリングインドネシア(PMI)での認定式

フィリピン The Philippines フィリピン The Philippines

2016年8月9日開催

パナソニック マニュファクチャリング フィリピン(PMPC) にて開催。当初計画からPMPCの予算を追加し、新奨学生を25人に増加。フィリピンでは学部生の他に職業訓練生も奨学生の対象としています。

写真:パナソニック マニュファクチャリング フィリピン(PMPC) での認定式

台湾 Taiwan 台湾 Taiwan

2016年8月27日開催

パナソニック台湾(PTW)にて開催。林総経理より目録を授与。10人の新奨学生を認定。CSR報告書の作成報告と奨学生認定式を合わせて記者発表することで、パナソニックが台湾社会に貢献していることを訴求しました。

写真:パナソニック台湾(PTW)での認定式

マレーシア Malaysia マレーシア Malaysia

2016年9月2日開催

パナソニックマネジメントマレーシア(PMAM)にて開催。3人の新奨学生を工学系では最高学府と言われているマレーシア技術大学から認定しました。

写真:パナソニックマネジメントマレーシア(PMAM)での認定式

インド India インド India

2016年9月11日開催

パナソニック インド(PI)にて開催。インド全土にあるインド工科大学の学生を対象に30人の奨学生を認定。認定式ではマニッシュ役員や政府の高官が出席。Webでのイベントを開催したりTwitterでの発信を強化するなどメディア露出を最大限に図りました。

写真:パナソニック インド(PI)での認定式

ベトナム Vietnam ベトナム Vietnam

2016年11月9日開催

パナソニックベトナム(PV)にて開催。ベトナムでは8人の新奨学生が認定されました。学生の積極的な参加と奨学金制度の認知向上を目的に、認定式と合わせて学生によるパナソニック商品の改善アイデアコンテストの最終発表会も行われました。

写真:パナソニックベトナム(PV)での認定式

タイ Thailand タイ Thailand

2016年11月21日開催

パナソニックマネジメントタイ(PMT)にて開催。タイ全土の優秀な工業系の大学より10人の新奨学生を認定しました。現在、タイでは昨年度認定された奨学生のうち2人がインターンとして活動しています。

写真:パナソニックマネジメントタイ(PMT)での認定式