動画 The Off-Grid Solution Project

世界では電気の無い暮らしをしている人が、およそ11億人います。

「あかり」がないこと…
それは教育・医療・安全などに大きな課題を抱えています。

パナソニックは2013年から2018年までの5年間にわたり、世界30ヶ国に102,716台のソーラーランタンを寄贈しました。

2018年の創業100周年を機に、
「事業を通じて社会に貢献する」という経営理念に立ち返り、あかりの寄贈だけでなく、一歩進んだその先の取り組みを始動しました。

太陽光発電・蓄電システム等の寄贈に加え、知識・技術の研修を通じた人材育成や、電気を活用した経済向上の活動支援を行っています。

このプロジェクトは、インドネシア・ミャンマー・ケニアの3ヶ国を対象に行っています。

インドネシアでは現地コミュニティの意見やニーズに合わせ、電気を活用した農産物や魚の加工など地場産業のモデル開発が始まっています。

ミャンマーでは進学率向上のための勉強のあかりや、安全のための街路灯が設置されました。

ケニアでは野菜の栽培・販売などの生計向上活動の取り組みや、夜間学校・識字教室でのあかりとして、電気のエネルギーが活用されています。

こうした活動が無電化地域の村の安心・安全な暮らしをサポートし、コミュニティの自走と発展に繋がっていけばと思います。

世界では電気の無い暮らしをしている人が、およそ11億人います。

「あかり」がないこと…
それは教育・医療・安全などに大きな課題を抱えています。

パナソニックは2013年から2018年までの5年間にわたり、世界30ヶ国に102,716台のソーラーランタンを寄贈しました。

2018年の創業100周年を機に、
「事業を通じて社会に貢献する」という経営理念に立ち返り、あかりの寄贈だけでなく、一歩進んだその先の取り組みを始動しました。

太陽光発電・蓄電システム等の寄贈に加え、知識・技術の研修を通じた人材育成や、電気を活用した経済向上の活動支援を行っています。

このプロジェクトは、インドネシア・ミャンマー・ケニアの3ヶ国を対象に行っています。

インドネシアでは現地コミュニティの意見やニーズに合わせ、電気を活用した農産物や魚の加工など地場産業のモデル開発が始まっています。

ミャンマーでは進学率向上のための勉強のあかりや、安全のための街路灯が設置されました。

ケニアでは野菜の栽培・販売などの生計向上活動の取り組みや、夜間学校・識字教室でのあかりとして、電気のエネルギーが活用されています。

こうした活動が無電化地域の村の安心・安全な暮らしをサポートし、コミュニティの自走と発展に繋がっていけばと思います。