パナソニックグループにおける
TFTの取組み

世界ではおよそ9人に1人にあたる8.2億人が十分な食事をとることができずに、生存や社会的な生活が困難な「飢餓」状態にあります。
そこで、このような状況を改善するために、パナソニックグループでは2009年8月から特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)が取り組む「途上国に給食を届ける」活動に参画しています。
TFTでは、先進国の私たちと途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトで、飢餓・栄養不足に悩む途上国と、生活習慣病・肥満に悩む先進国の「食の不均衡」の解消を目指して活動しています。私たちが食堂において肥満や生活習慣病予防のためにカロリーを抑えたTFTメニューを喫食すると、1食につき途上国の給食1食分に相当する20円が寄付される仕組みです。
本取り組みを通じて、ウガンダ、ルワンダ、タンザニア、ケニア、マラウイと、フィリピンの6か国で温かい学校給食を届けます。

What's New

2020年「プラチナサポーター」感謝状をいただきました

パナソニックグループでは、2020年の1年間で子どもたちの給食78,000食に相当する157万円の寄付を行い、TFTからトップクラスのサポーターである「プラチナサポーター」に認定されました。
当社は2013年から連続してプラチナサポーターに認定をいただいています。

パナソニックでは引き続き、グローバルでの社会課題の解決に向けて取り組んでまいります。

2021 TFT PLATINUM PARTNER バッジ
2020年「プラチナサポーター」感謝状

【パナソニック企業市民活動ブログ】
タンザニア:ライフイノベーションコンテナの定期点検を実施!~タンザニア ムボラ村出張報告(3)