消費者志向活動が2団体から表彰されました

2019年2月15日、公益社団法人 消費者関連専門家会議(ACAP※1)、一般社団法人 日本経済団体連合会、消費者庁主催の「2019消費者志向経営トップセミナー」において、

  • 「消費者教育安全・安心・快適・環境」をキーワードにした『消費者教育』の取り組み
    (パナソニック株式会社エコソリューションズ(現:ライフソリューションズ)社CS部)
  • 持続可能な社会を推進する家電リサイクル法の訴求と環境教育の実践
    (パナソニック エコテクノロジーセンター株式会社)

の2つの活動において、「第4回 消費者志向活動章※2」を受賞しました。これは、企業や団体、個人が行う活動のうち、消費者志向経営の推進、またはこれを支援する観点から、称賛に値するものを表彰するものです。この章では第2回でも2つの取り組みで受章しており、企業の中では最多受章数をいただいている。

※1 ACAP:公益社団法人 消費者関連専門家会議(The Association of Consumer Affairs Professionals)
企業・事業者団体の消費者関連部門の責任者等で組織する内閣総理大臣認定の公益社団法人で、消費者からの信頼構築を目指し、消費者志向経営の実現を使命として、さまざまな活動を展開している

※2 消費者志向活動章:ACAPが、2015年度に創設した表彰制度で企業や団体・個人が行う活動のうち、消費者志向経営を推進し支援する観点から称賛に値するものを「消費者志向活動章」として表彰するもの

またエコソリューションズ(現:ライフソリューションズ)社の取り組みは、経済産業省主催の「第9回キャリア教育アワード(優秀賞)」も受賞いたしました。これは、子どもや若者に対し、学校での学びと実社会のつながりを伝える「キャリア教育」に取り組み企業等の活動を表彰する賞。

<ライフソリューションズ社>
<パナソニック エコテクノロジーセンター(株)>