工場まるごとの環境対応支援

当社は、2007年度から2009年度の3年間で生産活動におけるCO2排出量を84万トン削減した実績を活かし、2010年4月に「工場省エネ支援サービス事業」をスタートしました。エネルギーの見える化から省エネ診断、具体的な省エネ対策の実践まで、工場の省エネ活動を「技術」「設備」「人材」「資金」の面で総合的に支援しています。
このサービス事業の一環として、お客様が管理しているデータを分析し、工場内の電気、ガスなどの基幹エネルギー量、設備の稼動状態を直接反映する流量、圧力、温度、湿度などの物理データ、および生産数量から、エネルギー利用効率を把握し、迅速な省エネ対策立案、効果試算、検証の精度向上をサポートしてきました。
事業開始当初はコンプレッサ、ボイラー、冷凍機などの原動設備の長期的な効率変動をグラフ表示し、設備の劣化やメンテナンスの必要性を把握、設備の消費エネルギーのムダを削減していましたが、生産数量と消費エネルギーから算出される生産数原単位に着目し、ラインや設備の課題点をタイムリーに抽出する「CO2イタコナ手法」へ活用の幅を広げ、省エネ提案活動を加速してきました。
現在は、その活動をさらに発展し生産条件と原動設備の稼働状況をIoTでつなげ、AIを駆使し、最適な環境下を実現しつつ省エネをタイムリーに図る機能を有したFEMSである「スマートEMS」の開発を進めており、2020年度商品化に向け現在実証試験を進めています。
社外への貢献としては、2010年から2018年の8年間で、日本国内の自動車関連、食品、医薬品、機械や電子部品の業種で約550件の診断を実施し、省エネ支援を行ってきました。また、環境省が主導する、CO2削減のために有効な設備導入や運用改善等の情報を提供する「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」において、企業の省エネ診断を実施する専門診断機関として登録し、活動を継続しています。
グループで培った環境の技術・ノウハウ・経験を駆使し、省エネルギーのみならず、排水処理、造排水リサイクル、排ガス処理、資源リサイクル、土壌地下水浄化、太陽光発電などの環境・エネルギー技術をトータルで提供する「工場まるごと環境ワンパッケージサービス」の強化を通じ、社外の企業様の総合的な環境対応にさらに貢献していきます。

工場まるごと環境ワンパッケージサービスのイメージ

工場まるごと環境ワンパッケージサービスのイメージ。土(土壌浄化/地下水浄化)、空気(クリーン/排ガス装置)、水(造排水リサイクル/排水処理)、エネルギー(省エネ/創エネ)、資源リサイクル(薬液リサイクル/シリコンリサイクル)を工場省エネ支援サービス(Step1:省エネ改善の提案、Step2:エネルギー見える化、Step3:省エネ活動サポート チューニング/省エネ設備導入/省エネ診断ソリューション提案/省エネ対策工事、Step4:工場まるごと省エネ SE-Link(セーブエナジーリンク))

アルプスアルパイン(株)様への省エネ支援

当社は2013年度よりアルプスアルパイン(旧アルプス電気)(株)様の省エネ活動を支援しています。2014年1月に角田工場にて簡易省エネ診断を実施し、簡易診断の内容を更に詳細まで調査・計測を行うために2014年9月には環境省が主導する「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」を利用し、詳細な省エネ診断を実施しました。
その結果、当社から提案した熱源機の燃料転換(A重油⇒電気)をご採用いただき、当社が施工まで実施しています。翌年(2016年)は上記熱源機に関連して、老朽化した外調機更新を、2017年には、ターボコンプレッサーの導入で圧縮空気の省エネも行っています。効率機器への更新提案だけでなく、投資をかけずにチューニングのみで可能となる省エネ対策も工場の皆様といっしょになり推進しています。角田工場での取り組みが評価され、長岡工場においても、角田工場同様、簡易診断から「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」の展開により、生産冷却水系統フリークーリングチラー導入を提案・施工し、昨年末(2018年末)完工しています。これらの取り組みの結果、2015年度~2018年度における角田工場全体でのCO2排出量は、2014年度比約2.2%減となっており、長岡工場では約3%のCO2排出削減効果を見込んでいます。2019年度以降もさらなるCO2排出削減に向け、省エネ提案の支援活動を行っていきます。
今後は短期的な省エネプランだけでなく、定期的な省エネ診断や対策実施による継続的な省エネ活動により省エネを推進できる施策を実施していく予定です。

写真:生産冷却水系統フリークーリングチラー
生産冷却水系統フリークーリングチラー