エコプロオンライン2020

真空断熱ガラス「Glavenir」

薄くて、きれいで、省エネなガラス

真空断熱ガラス「Glavenir」は約6mm厚で業界最高クラスの熱貫流率0.7W/m2・Kを実現。排気孔レスで高美観性を追求したフロートガラス仕様に加え、安全性・断熱性を向上した強化ガラス仕様をラインナップ。有害な鉛を含有していない素材で製造しているため、食品業界でも安心してお使いいただけます。

特徴

わずか約6mmの厚さで業界最高クラスの熱貫流率0.7W/m2・K

Glavenirは一般的なガス入りトリプルガラスと同等以上の断熱性をわずか1/5の厚さ、2/3の重さで実現。2枚のガラス間に0.1mmの隙間を設け真空封着するプラズマディスプレイパネル由来の技術により、薄さと高断熱性の両立を可能にしました。

真空排気孔封止部に突起のないフラットコンセプト

一般的な真空ガラスでは排気孔封止部にキャップが使用され、美観面で課題とされてきました。当社では独自工法によりフロートガラス仕様では排気孔レス、強化ガラス仕様では排気孔フラット封止に対応ガラス本来の美しさを損なわないデザインを実現しました。

卓上冷蔵ショーケースのガラス置き換えで消費電力を17%改善

弊社製卓上冷蔵ショーケース(標準:複層ガラス仕様)のガラスをGlavenirに取替、取替前後で消費電力を比較した結果、消費電力が17%改善しました。さらに結露の発生が大幅に抑制され内部の視認性が向上しました。(弊社実験に基づく)

詳細

Glavenir 製品詳細

開発の経緯
当社では2012年からプラズマディスプレイパネル(PDP)の製造技術を応用し、真空断熱ガラス(VIG)の開発を開始。VIGメーカーとしては新規参入でありながらPDP製造時に数千万枚の真空パネル生産実績を有しており、高信頼の真空封着技術がVIGに受け継がれています。

仕様詳細
Glavenirフロートガラス仕様は呼び厚6.1ミリで、視認性を重視した高透過型(熱貫流率:0.9 W/m2・K)と断熱性を重視した高断熱型(熱貫流率:0.7 W/m2・K)をラインナップ。強化ガラス仕様は呼び厚8.1ミリで高透過型(熱貫流率:0.58 W/m2・K)のみをラインナップしています。

お問い合わせ先
glavenir@ml.jp.panasonic.com

ダウンロード