環境:地域社会支援

eco ideas

パナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アース

パナソニックは真のグリーンプロダクツをつくるには真のグリーンマインドが必要との想いから、1998年より従業員とその家族が家庭や地域社会でも積極的に環境活動を行うことで環境意識を向上し、ライフスタイルを変革することを目的とした地球を愛する市民活動(Love the Earth=LE)を推進してきました。2008年からは、地域に根ざした環境活動をそこで働く従業員自らが企画し実施するパナソニック エコリレーを世界各地で展開し、地域の方々や子どもたち、従業員の家族を交えて活動を実施してきました。その後、活動はグローバルに様々な分野へと拡大発展し、2010年10月からは世代を超えてつなぐという想いをこめたパナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アースという新たな名称で、地球市民として持続可能な地球環境と社会づくりへの貢献を目指しています。

活動ロゴマーク

日本では、労働組合とともに活動するパナソニック エコリレー ジャパンが、地方自治体や環境NPOなどの協力を得て、2011年から兵庫県にある篠山の里山再生に取り組んでいます。篠山にはパナソニックグループ労働組合連合会の休暇村があり、体や心をリフレッシュする場であるとともに自然環境保護・環境教育などの取り組みを発信する場としています。現在は、パナソニックグループ関係者外にも輪が広がり、地元農家の方や近隣大学とも連携しながら、間伐作業や竹炭づくりなどの森林保全、米や野菜づくりといった棚田再生を中心とした活動を、毎月1回実施しています。また活動風景や篠山の生態状況などを定期的にレポートに作成し、Webサイトに公開しています。

里山再生活動参加者の集合写真