全社環境情報の一元管理

環境経営のPDCAを回す上では、各事業場でのエネルギー使用量や廃棄物・有価物発生量、化学物質排出・移動量、水使用量などに関する膨大なデータを、迅速かつ正確に把握することが不可欠です。
当社は、グローバル全事業場の環境関連データを収集・管理する環境パフォーマンスシステムであるエコシステム(工場)を構築・導入しており、このシステムを活用して月度での管理を実施しています。とくにCO2排出量の管理では、取り組みの進捗確認や課題抽出を行い、それらの情報を共有し対策実施を徹底することで、CO2排出量削減に向け重要な役割を果たしています。
エコシステム(工場)は、グローバル全事業場からの順法状況などの共有の仕組みとしても機能しています。近隣住民からの苦情を受けた場合や、条例の規制値を上回った場合に事業場の担当者が状況を入力することで、カンパニー、本社の担当者に即時にメール配信され、迅速な情報共有と、適切な対応ができるようになっています。

エコシステム(工場)の仕組み

エコシステム(工場)の仕組み:製造事業場(グローバル242事業場)で環境パフォーマンスデータ(エネルギー使用量や廃棄物・有価物発生量、化学物質排出・移動量、水使用量、CO2などに関する膨大なデータWebで報告し、本社カンパニーで集計を行い製造事業場へフィードバック

製品については、グローバルで含有化学物質の法規制が強化され、EUのREACH規則ではサプライチェーンでの情報伝達や開示が義務化されています。当社は、業界標準の情報伝達方式を採用した製品化学物質管理システムを構築し、様々な規制や要請に対応しております。
2017年1月には製品化学物質管理システムを刷新し、経済産業省主導の新しい製品化学物質情報伝達フォーマットであるchemSHERPA※1を採用するとともに、当社車載事業の拡大に伴い日本の自動車業界の標準フォーマットであるJAMA/JAPIA※2シートも採用し、多様な領域で複雑化する製品化学物質法規制への対応を可能としました。また、車載事業での製品化学物質法規制への対応力強化のため、2020年10月からグローバルでの自動車業界の標準システムであるIMDS※3への連携機能を強化しました。
さらに、欧州での廃棄物枠組指令により、高懸念物質(SVHC※4)の廃棄物処理業者および消費者への情報開示が強化され、欧州化学品庁(ECHA)のSCIP※5-DBへのSVHC登録が義務化(2021/1/5開始)されました。SCIP-DBへの登録対応のために、システムでの連携機能を強化し、システムを介した登録を開始しました。

製品化学物質管理システムの仕組み

製品化学物質管理システムの仕組みのイメージ図です

※1 アーティクルマネジメント推進協議会が推奨する経済産業省主導の新情報伝達フォーマット
※2 日本の自動車業界で標準化された成分調査データシート
※3 International Material Data System:グローバルに運用されている自動車産業界向けのマテリアルデータシステム
※4 Substances of Very High Concern
※5 Substances of Concern In articles as such or in complex objects (Products)