当社は創業以来、電化された製品やサービスの提供を通じて、より良いくらしの実現と社会の発展に貢献することを使命としてきました。
モビリティの電動化やIH、ヒートポンプ技術など、いまも電化された製品・サービスは広がり続ける一方で、社会全体で使われる電気の量は増大し、結果として、火力発電時に排出されるCO2の温室効果による急性的/慢性的な気候変動影響の抑止が、人類共通の喫緊の危機的課題となっています。事業活動のサプライチェーン全体での温室効果ガス排出量は年間110Mt(下記イラストのオレンジ色の円の合計値)の規模と試算しており、そのうち製品・サービスが、お客様や社会のライフタイムに使用するエネルギーによって温室効果ガス排出量(スコープ3)が85Mtあり、ここに気候変動に対する当社の最大の社会的責任があることを自覚しています。
そこで当社は、新しい製品・サービスを従来よりも高い効率性で実現するために、お客様への価値と持続可能な地球環境の両立に、事業戦略として挑戦します。それは家庭用エアコンや洗濯機、業務用冷蔵庫・冷凍庫などの機器の省エネ性の追求と、そうしたデバイスや機器を組み合わせて最適に運用するエネルギーマネジメントやソリューションによる家庭や業務部門のエネルギー削減です。
また、クリーンなエネルギーでより良く快適にくらせる社会の実現には、熱や動力等のエネルギー源として化石燃料が燃焼されるウェイトが大きい運輸部門や産業部門の一層の電化が不可欠です。当社は車載用電池をはじめとするモビリティの電動化や、製造や流通などの現場プロセスの変革など、運輸・産業の電化と高効率化に貢献するデバイス・システム・サービスを拡大します。また電化された領域や製品・サービスが増えると電気使用量も増えるため、より一層、省エネの重要性も高まると考えます。
そして、自律分散型のクリーンなエネルギーの創出(太陽光発電)や活用(水素や蓄電)などの「創る」エネルギーのソリューションは当社のユニークな貢献領域であり、事業活動がお客様・社会の「使う」エネルギーを減らして「創る」エネルギーを増やすことにより、2050年のカーボンニュートラルなくらしと社会の実現に貢献してまいります。

カーボンニュートラルに向けた当社事業の貢献のイメージです。 当社の事業活動においては、お客様による製品・サービス使用時、お取引様と当社の間の調達や物流、当社工場でのモノづくりにおいて負荷が大きいこと、 一方で、省エネによる製品・サービス使用時、運輸や移動におけるCO2排出量削減、また、太陽光発電や水素といったあクリーンエネルギーの活用などにおいて、当社事業が貢献していることを示しています。

※抽出した事業分野は気候変動にプラス・マイナスの影響が顕著な領域であるため、TCFD関連報告で使用している事業セグメントと事業名称や範囲が異なる場合があります。