Culture

テクノロジーイノベーション本部は、新たな歴史をともに創る組織です。

パイオニアリングリサーチ

新規事業につながる破壊的な技術を創出する取り組みの一環として、自ら手を上げた研究者に世界最高レベルの研究環境での研究によって、革新的な成果を生み出すチャンスを与える活動を行っています。

パイオニアリングリサーチのイメージ画像

オープンイノベーション

大学との共同研究

テクノロジーイノベーション本部の持つコア技術と大学の知との掛け算でイノベーションを加速しています。
京都大学、大阪大学、名古屋大学、imec(欧州)には研究拠点を置き、密接な産学連携を進めています。
東京大学を始めとした国内大学、ならびに、海外の大学(米国、フランス、スイス等)への留学制度で、研究者のレベル向上をはかっています。

imec(欧州研究機関)との連携

国との共同研究

国の機関との共同研究においては、基礎的なフェーズに加え、事業化に近いフェーズの研究開発に取り組んでいます。2016年11月には物質・材料研究機構(NIMS)に、2017年2月には産業技術総合研究所(AIST)に共同の研究部門を開設して、組織的な連携を開始しています。

大阪大学COIプログラム(JST)ストレスセンシング技術
JST;科学技術振興機構

個人発案アイデアを育てる

自分のやりたいアイデアを発案した人が、業務時間の10%以内の時間を活用してアイデアを仲間と磨き上げ、カタチにして社内で認めてもらうことができるしくみがあります。
挑戦する人を応援します!

  • 活動事例紹介
市販の材料を組み合わせてデモ作成

Panasonicの技術歴史

Panasonicの本社直轄の研究所は、昭和28年に中尾哲二郎を所長として発足した「松下電器 中央研究所」にはじまり、100年の会社の歴史の中で規模、範囲、名称が変遷しながら継続している。
テクノロジーイノベーション本部の前身は2014年に発足した先端研究本部。
その活動の中でも、材料・デバイス分野の先端研究に特化した研究本部として、2018年1月よりテクノロジーイノベーション本部と改称し、今に至る。

松下幸之助と中尾哲二郎