Interview これまでの歴史と実績を土台に次世代電池のイノベーションを起こす

最先端×総合力=驚きの電池を作る

「世の中にない材料を生み出すことで、世の中を変えることができる」。電池の材料開発を手掛ける夏井竜一研究員は「世界が驚くような容量の電池の開発を進めている」と興奮気味に話す。

パナソニックを選んだのは、大学から続けていた電池の分野で、「ありとあらゆるデータ、知識、そして経験が備わっていたから」だった。競合他社と競い合いながら、最先端の研究ができると確信して入社。その思いは、日々新しい可能性を生み出す「わくわく」につながり、日々研究のモチベーションになっている。

大容量電池につながる材料開発の先に目指すのは、電気自動車の一層の普及だ。夏井が新しい材料を生みだすことに成功し、いま市場に存在するものとは比較にならない大容量の電池が生まれれば、ガソリン車から電気自動車の乗り換えが一気に進むかもしれない。そうなれば、研究の成果として生まれた材料が、人だけでなく地球環境にも貢献することになる。

インタビュー風景

先を見据え、変革を生み出す

たとえ思い通りの材料の開発に成功しても、商品になるかどうかわからない。研究者として問題を解決するために大切にしているのは、自らの研究や行動の先にあるものを予想しておくこと。「予想外という言葉は悪い意味ではなく、予想はしていたということ」。研究は続けていくうちに壁に当たることも多い。そのとき、なぜそうなったのか、どうすれば先へ進めるのか考え、解決に導く。あらかじめ先にあることを予想しておくことで、壁を乗り越えてきた。

最先端の電池研究の材料開発に魅了される夏井が、もうひとつ挙げるパナソニックの魅力は、異分野の研究者との融合だ。優れた研究者でも1人でできることは限られている。「電池材料はイノベーションが必要な時期」と話す夏井。他分野で優れた能力を持った研究者と接したり、研究室を飛び出して全く異なる分野の情報収集に励んだりしながら、電池の世界に大きな変革を起こそうとしている。

インタビュー風景

夏井 竜一

テクノロジーイノベーション本部
専門:電池、無機化学、電気化学、固体化学