坂本 純二 Junji Sakamoto

専門:高分子・超分子材料科学
技術キーワード:ソフトマテリアル・ボトムアップナノテクノロジー
所属学会:アメリカ化学会・日本化学会・高分子学会

坂本 純二

プロフィール

1997年京都大学工学部工業化学科卒業。2002年同大学院工学研究科材料化学専攻にて博士課程修了。その後、マックス・プランク高分子研究所(MPI-P)での博士研究員、チューリッヒ工科大学(ETH)でのグループリーダー・講師を経て、2012年にETHの教授資格審査(Habilitation)に合格。2013年より大阪大学特任准教授、東京工業大学非常勤講師、九州先端科学技術研究所研究員、九州大学客員准教授を経て、2017年にパナソニック先端研究本部の主幹研究員に着任。2018年よりパイオニアリングリサーチセンター・グローバルリサーチチームのチームリーダーを務め、現在に至る。

これまでの実績

論文

  • J. Sakamoto* & S. Shinkai, et al. "Cohelical Crossover Network by Supramolecular Polymerization of a 4,6-Acetalized beta-1,3-Glucan Macromer" ACS Macro Lett. 6, 21-26 (2017)
  • P. Kissel & J. Sakamoto*, et al. "A Two-Dimensional Polymer Prepared by Organic Synthesis" Nature Chem. 4, 287-291 (2012)
  • T. Bauer & J. Sakamoto*, et al. "Synthesis of Free-Standing, Monolayered Organometallic Sheets at the Air/Water Interface" Angew. Chem. Int. Ed. 123, 8025-8030 (2011)
  • J. Sakamoto & K. Mullen* "Sugars within a Hydrophobic Scaffold: Glycodendrimers from Polyphenylenes" Org. Lett. 6, 4277-4280 (2004)

特許

  • S. Shinkai & J. Sakamoto, "Curdlan Derivatives" Japanese Patent Application No. 2016-014796

出版物

  • "Synthesis of Polymers: New Structures and Methods" Ed. by A.D. Schluter, C. Hawker & J. Sakamoto, Wiley-VCH, 2 volumes, 1184 pages (2012)