齊藤 輝彦 Teruhiko Saito

専門:触媒、有機金属化学
技術キーワード:機能性有機-無機ハイブリッド材料
所属学会:日本化学会、アメリカ化学会

齊藤 輝彦

プロフィール

2009年大阪大学基礎工学部化学応用科学科を卒業後、同大学大学院基礎工学研究科の真島和志教授のもとで酸化還元活性な配位子を有する金属錯体の研究と有機ケイ素還元剤の研究を行い、2014年に博士取得。大学院在学中にアーヘン工科大学のJun Okuda教授、カルフォルニア大学バークレー校のJohn Arnold教授のもとで訪問研究員として研究を行い、国際的な経験を積む。その後、京都大学大学院工学研究科の中尾佳亮教授のもとで日本学術振興会の特別研究員としてルイス酸-後周期遷移金属の異種金属錯体を用いた反応開発を行う。2014年に有機合成化学協会から独創的な発想に基づく研究提案に送られる研究企画賞を受賞。2016年大阪大学大学院基礎工学研究科の助教として着任。その後、2016年10月からパナソニック株式会社先端研究本部の主任研究員として、表面化学、電気化学、生物学、物理学などの専門家と協力し、新規機能性材料の開発に携わっている。

これまでの実績

論文

  • "Crystalline Copper(II) Phthalocyanine Catalysts for Electrochemical Reduction of Carbon Dioxide in Aqueous Media" Kusama, S.; Saito, T.; Hashiba, H.; Sakai, A.; Yotsuhashi, S. ACS Catal., 2017, 7, 8382-8385.
  • "Palladium Complexes Bearing Z-type PAlP Pincer Ligands" Saito, T.; Hara, N.; Nakao, Y. Chem. Lett., 2017, 46, 1247-1249.
  • "Structural and Electronic Noninnocence of α-Diimine Ligands on Niobium for Reductive C–Cl Bond Activation and Catalytic Radical Addition Reactions" Nishiyama, H.; Ikeda, H.; Saito, T.; Kriegel, B.; Tsurugi, H.; Arnold, J.; Mashima, K. J. Am. Chem. Soc., 2017, 139, 6494–6505.
  • "C3-Selective Alkenylation of N-Acylindoles with Unactivated Internal Alkynes by Cooperative Nickel/Aluminium Catalysis" Inoue, F.; Saito, T.; Semba, K.; Nakao, Y. Chem. Commun., 2017, 53, 4497-4500.
  • "para-Selective Alkylation of Benzamides and Aromatic Ketones by Cooperative Nickel/Aluminum Catalysis" Okumura, S.; Tang, S.; Saito, T.; Semba, K.; Sakaki, S.; Nakao, Y. J. Am. Chem. Soc., 2016, 138, 14699-14704.
  • "Reduction of (tBuN═)NbCl3(py)2 in a Salt-Free Manner for Generating Nb(IV) Dinuclear Complexes and Their Reactivity toward Benzo[c]cinnoline" Saito, T.; Nishiyama, H.; Kawakita, K.; Nechayev, M.; Kriegel, B.; Tsurugi, H.; Arnold, J.; Mashima, K. Inorg. Chem. 2015, 54, 6004-6009.
  • "1,4-Bis(trimethylsilyl)-1,4-diaza-2,5-cyclohexadienes as Strong Salt-free Reductants for Generating Low-valent Early Transition Metals with Electron-donating Ligands" Saito, T.; Nishiyama, H.; Tanahashi, H.; Kawakita, K.; Tsurugi, H.; Mashima K. J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 5161−5170.