写真:バリアフリー展に出展した時のパナソニックブースの様子

お客様とのUDコミュニケーション活動

モニター制度などの仕組みを活用し、より多くのお客様の声に耳をかたむけています。
また、ワークショップやイベントに参加し、様々な特性を持つ方々と交流を行なっています。
外部講演や出前授業なども実施し、パナソニックのユニバーサルデザインの取組みをご紹介しています。

写真: 製品を見ながらインタビューを受けている5 人の女性

グループインタビュー

写真: 目隠しをして、ななめドラム洗濯乾燥機を操作している女性

製品評価

写真: 体育館に全校生徒を集めて、スライドを使用しての授業風景

中学校での出前授業

お客様起点の商品づくり

商品を使うお客様を明確に想定し、お客様の特性や利用状況を把握して、
商品開発の各段階で確認・検証を行なうなど、ユーザー視点での商品づくりを心がけています。

モニター制度

一般公募で選ばれた京阪神在住の30~60歳代の主婦を中心に「商品開発のためのモニター」としてご協力いただいています。
モニターのみなさんに商品を使っていただく中で、「操作がスムーズにできない」「思いがけない使い方をする」といった光景をデザイナーや技術者が目のあたりにして、自分たちの心配りが足りないことに気づき、商品の改善に活かしています。

写真: 高齢者の方への製品モニター風景

高齢者の方

写真: こどもの方が洗面台をモニターしている風景

子供の方

写真: 妊婦の方へのモニータ風景

妊婦の方

写真: リウマチの方へのモニター風景

リウマチの方

写真: 障害をお持ちの方へのモニター風景

障がいをお持ちの方
(写真は、弱視の方)

写真: 海外の方へのモニター風景

海外の方
(写真はインドの方)

ユーザー中心設計

パナソニックではユーザー中心設計(UCD)の考え方を基本に商品づくりをおこなっています。
ユーザー中心設計とは、ユーザーの視点に立って設計・開発する考え方です。
具体的には、ユーザーと共に「使用状況把握」「要求事項把握」「アイデア立案」「検証」を行ない、
開発プロセスの中に取り込んでいます。 またその結果は「商品化」後も「次期商品への展開~使用状況把握」につなげています。

ユーザー中心設計の解説図: 使用状況の把握からスタートして、ユーザーの利用状況分析やアンケート調査等によって、要求事項を把握。次に、ユーザーに寄らない評価( 実務者・専門家による評価) とヒューリスティック評価を経て、アイデアを立案。そして、ユーザーによる評価やホームモニターテスト等を実施して、検証してから商品化。商品化した後も、検証結果を次期商品に展開して、使用状況の把握へとつなげる。

UDを広める活動

ユニバーサルデザインを広める活動として、様々なイベントや協賛団体に参画しています。

写真: バリアフリー展の展示風景

バリアフリー展

写真: ボルダリングを体験する子どもたち

キッズデザイン展

写真: 視覚障害のある来場者に製品を説明する担当者

サイトワールド

写真: ユニバーサルデザイン製品の展示スペース

IAUD国際ユニヴァーサルデザイン会議

写真: ユニバーサルデザインの取組を発表する担当者

国際応用 人間工学会議(北米)

写真: 介護用品やシステムの展示スペース

国際福祉機器展

関連情報

子どもの安心・安全や子育てに配慮されたものに贈られるキッズデザイン賞を、パナソニック(Panasonic)は様々な商品やサービスなどで受賞しております。