写真:歩行トレーニングロボットを使うおばあさん

いつまでも自分の足で歩けると、
やりたいことが増えていきます。

継続は力なり、自らトレーニングしたくなるマシン。
続けることが大切だから、高齢者の「やる気」までアシストする。

商品特徴

AIで安全に最適な負荷をかけられる技術を搭載しつつ、軽快なフォルム、かっこいい運動姿勢、課題や効果を分かりやすくお知らせするインフォメーションなど、高齢者のモチベーションを高める工夫を細部に施しました。

グラフ:利用効果とデータ取得の例(要介護2 の方の9 ヶ月追跡) 歩行速度の変化、歩行中の左右のバランス

その他のUD事例 [多様性]

多様な人材の社会進出が求められる中、より多くの人が平等に生活できる社会を、
ユニバーサルデザインで実現していきます。

複雑な操作が苦手な方も自然な言葉で、テレビの基本操作から番組表やインターネットの検索まで、簡単に行えます。

チャイムやフラッシュライトで、チャイムが聞こえにくい方に来客などをお知らせします。

車いすへの移乗にかかる時間や手順を大幅に低減。
介助の負担を減らす離床アシストロボット。

使いやすいシンプルなデザインで、高齢者や手の不自由な方のテレビ操作をサポートします。

関連情報

子どもの安心・安全や子育てに配慮されたものに贈られるキッズデザイン賞を、パナソニック(Panasonic)は様々な商品やサービスなどで受賞しております。

「ユニバーサルデザインってなんだろう?」子ども達の「?」を解決するためのページです。ユニバーサルデザインの楽しさや大切さを紹介しています。