当社の東京2020パラリンピックに関する活動について

当社の東京2020パラリンピックに関する活動について

2021年8月20日
パナソニック株式会社

事業を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与することを経営理念に掲げる当社は、スポーツを通して世界平和への貢献とよりよい社会実現を目指すオリンピック憲章に共感し、1987年からオリンピックの、2014年から大会を通じて共生社会の実現を目指すパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、大会をサポートしています。
パラリンピック開幕が目前に迫るなか、東京都をはじめとした一都一府四県に発出された緊急事態宣言が9月12日まで延長され、新たに、一府六県に緊急事態宣言が発出されました。また、パラリンピックの原則無観客開催も決定されました。

この状況を踏まえ、新型コロナ感染症のリスクを抑え安全に大会を成功させるために、当社は各会場への入場を大会運営を支える業務に携わる者に限定することといたします。
アスリートの皆さまが安心してその力を存分に発揮し、スクリーン等を通じて応援する歓声や感動が世界中に伝播し、世界中が元気になることを祈念し、ワールドワイドパートナーとして微力ながら貢献してまいります。