パナソニック IT/IoTトータルサイバーセキュリティソリューション

つながる機器の安全性は、速さが鍵になる。

パナソニック IT/IoTトータルサイバーセキュリティソリューション

BACKGROUND

非力なIoTデバイスが
狙われている

さまざまなものがインターネットにつながるIoT社会。2020年には300億以上もの機器が接続され、ビジネスに大きな可能性が広がると言われています。一方でここ数年、IoT機器を狙ったサイバー攻撃が大きな話題に。機器単体への攻撃だけではなく、それらを踏み台にして別のサーバーへの攻撃に使われることもあり、今や乗っ取られた側にも加害者としての責任が及ぶリスクがあります。そうした被害を防ぐためには、サイバーセキュリティの徹底、とりわけ通信の暗号化や認証が不可欠。しかし、IoT機器はコストの事情などからPCほどの処理能力を持てないため、軽度の暗号・認証機能しか扱えず、結果的にハッカーのえじきになってしまうといった課題がありました。

IoT機器増加のグラフ

IoTデバイスは2020年には世界で300億に至ると予測されている(総務省「平成29年版 情報通信白書」より)

SOLUTION

長年のノウハウでIoTに
PCレベルのセキュリティ

そこでパナソニックは、暗号・認証アルゴリズム自体はPCレベルの強固なものを使用したまま、ロースペックのCPUでも処理が可能な独自の実装アルゴリズムである「高速計算手法」を開発。これにより、IoT機器においても安全な暗号・認証機能を使用できるようにした上、その鍵生成の高速化も実現。認証鍵(機器の接続を許可するための鍵)生成に必要な巨大な素数を、独自技術でこれまでより「最大約10倍」の速さで発見でき、認証鍵をIoT機器自身に生成させることが可能となりました。鍵生成に人が介在しなければ、情報漏洩リスクは大幅に低減します。開発には、IoTという言葉も知られていなかった10年以上前から複合機などのネットワーク化で蓄積されたノウハウと、数学、物理、組み込み実装といったさまざまな専門家の知見が活かされています。

暗号・認証の仕組み

IoT機器自身が鍵を生成することで、人の介在を防ぎ、高いセキュリティを実現

PROSPECT

セキュリティ標準づくりで
IoT社会の発展に貢献

暗号・認証が強固になることで、IoT機器単体の安全性向上はもちろん、セキュリティベンダーにとってはIoT機器をセキュリティ的にPCと同等に扱えるように。その結果、すでに確立されたITセキュリティエコシステムの中にIoT機器を組み込み、安全性をさらに高めることができます。また、コンサルティング業界や保険業界と連携し、導入から万が一のサポートまでをパッケージ化した新たなサービスを展開。適切なリスクマネジメントの輪を広げています。パナソニックはこれからも、あらゆる「つながる機器」を製造・販売するだけでなく、国のプロジェクトでIoTセキュリティの技術開発やガイドライン作成支援にも積極的に関わるなど、安心・安全なIoT時代のネットワーク基盤づくりに貢献していきます。

※ 内閣府が進める戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)における「重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」(管理法人:NEDO)

IoTセキュリティエコシステム

システム導入のコンサルから導入・運用、万が一の保険までトータルなサービスを展開する、「IoTセキュリティエコシステム」

A Better Life, A Better World

来るべきIoT社会において、IoT機器のセキュリティをどのように担保していくか。
コンサルティングから保険まで"チームジャパン"で挑む取り組みについて紹介する。