ソリューション

人が1日に身体に取り入れる物質中、
一番多いもの、それは “空気” です。

人が1日の間に摂取する空気は18kg、食べ物は1.3kg、飲み物は1.2kgであることを示したイラスト

健康のために空気を選ぶ時代

人々の暮らしと密接に関わっている「空気」。しかし残念ながら身のまわりの空気は私たちが思っている以上に汚れています。

人間の経済活動により排出される窒素酸化物や粒子状浮遊物質、さまざまな場所に発生するカビ菌、花粉やダニのフン・死骸などのアレル物質など、人が1番摂取する「空気」の中にはさまざまな有害物質が…。

あなたや家族、大切な人の健康のためにも、「空気」を選ぶ時代になりつつあるのです。

赤ちゃんがベッドで眠っている画像とダニのイラスト 赤ちゃんがベッドで眠っている画像とダニのイラスト
男性がオフィスでデスクワークをしている画像とウイルスなどのイラスト 男性がオフィスでデスクワークをしている画像とウイルスなどのイラスト
屋内プールを女性が横切る画像とカビのイラスト 屋内プールを女性が横切る画像とカビのイラスト
4人の男女がオフィスで仕事をしている画像と花粉のイラスト 4人の男女がオフィスで仕事をしている画像と花粉のイラスト

空質7要素でIAQをコントロール

パナソニックは「IAQ = Indoor Air Quality = 室内空気質」を7つの空質要素(温度・湿度・清浄度・気流・除菌・脱臭・香り)の7要素に分類。これらの要素を自在にブレンドすることで、さまざまな空間に対応したIAQの提供を目指します。

これまで空気質と感性を整えるためには数多くの機器が必要で、それぞれが独立して動くので狙った空気質を実現するには工夫が必要でした。パナソニックはこれらの機器をパッケージ化し、温度、香りなどを自在にコントロールすることで、外気が変化しても空気質を一定範囲内に制御することを可能にしました。​そして今、更なるIAQ向上に向け、除菌・脱臭分野の研究・開発に取り組んでいます。

空質7要素

空質7要素である温度、湿度、清浄度、気流、除菌、脱臭、香りのイラスト

空質7要素をブレンドすることで、
さまざまな課題に対応したIAQを目指します

健康寿命延伸

ヒートショック対策
ウィルス、ダニ、カビ抑制

老夫婦がテーブルで談笑する画像

労働生産向上

CO2濃度、気流
夏: さわやか・すっきり
冬: しっとり・なめらか

男女がオフィスでモニターを覗き込みながら仕事をしている画像

パンデミック

換気、湿度、除菌

マスク姿の女性が窓の外を眺める画像

空質7要素で実現するソリューション

空間、換気、除菌、脱臭、加湿機能を連携し、空気質をトータルコーディネート

空質7要素で新たな空間価値を創造

ソリューションの体感・実験施設

空質空調分野におけるB2B顧客との共創の場

Reboot Spaceを実際に体感できる施設