Diversity, Equity and Inclusion

 

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン

 
Differences are Wonderful
パナソニック インダストリー株式会社のDEI ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン

私たちパナソニック インダストリーは、「Differences are Wonderful」を合言葉にDEI(Diversity、Equity、Inclusion)を推進しています。 一人ひとりの個性が輝くためには、誰もが公平にチャンスを得られることが大切です。 私たちは、互いを尊重し、誰もが言うべきことを言い合える組織であること、あらゆる違いを強みと捉え、全社員がその強みを生かしながら成長し、イキイキと活躍できる組織を目指しています。また、そのために必要な支援や制度、ルール改訂など実効性のある具体的な取り組みを進めています。

私たちは、人も組織も成長し続ける企業
「チーム インダストリー」です。

パナソニック インダストリー株式会社 代表取締役 社長執行役員CEO、DEI推進担当 坂本 真治

2022年4月1日、私たちパナソニック インダストリーは株式会社として新たにスタートをきりました。

私たちがお客様に提供する世界トップクラスの電子部品やデバイス、電子材料といった商品群は、過去から現在に至るまで、私たちの諸先輩や仲間たち一人ひとりが持つ豊かな知見、能力、個性と、技術開発やモノづくりに注ぐ情熱や努力の積み重ねによって生み出された結晶であり、私たちの“多様性”の証です。

共に働くメンバー同士が、お互いの違いを認め合い尊重し、それを特徴や強みとして補い合えば、最高のチームとして想像をはるかに超える大きな力を発揮できます。

私たちは、挑戦して失敗することを最高の学びの機会と捉え、積極的に変化に挑み、変化を楽しみ、経験を積み重ねながら、人も組織も成長し続けることのできる企業「チーム インダストリー」です。

世界中のお客様に最高の価値を提供していくため、すべての社員が“フェアネス”の元で、いきいきと働ける企業文化を育むことこそが、私たちパナソニック インダストリー全員の責務だと考えています。

パナソニック インダストリー株式会社
代表取締役 社長執行役員 CEO、DEI推進担当
坂本 真治

 

 

グローバル ダイバーシティ プロモーター

パナソニック インダストリーには、DEIを強力に推進するリーダーがいます。

パナソニック インダストリー株式会社 梅村俊哉さん  常務執行役員 チーフ・ヒューマン・リソース・オフィサー(CHRO)

梅村俊哉さん

常務執行役員 チーフ・ヒューマン・リソース・オフィサー(CHRO)

私たちは、多くの事業が集まった会社であり、それぞれの事業で培われた個性や組織風土をベースに社会変革をリードしてきた。これら強みを生かすこと、社内のみならず「社外」へのつながりをも求め、多様な個性を取り込み、受け入れることは、さらなる成長を後押しする。これから私たちが向き合う世界がさらに複雑なものになっていくことは想像に難くない。私にとってDEIとは、会社のポテンシャルそのもの。このポテンシャルを解き放つことが私のDEIに対する責務です。

パナソニック インダストリー株式会社 殷志明さん  常務執行役員 パナソニック インダストリー中国(有)担当

殷志明さん

常務執行役員 パナソニック インダストリー中国(有)担当

VUCAの時代、スピーディーかつ柔軟に顧客変化に対応するには、多様な文化、個性、考え方、知識や経験を持つ人たちが素直に話し合うこと、学び合いによるクロスイノベーションが欠かせません。まさに中国のことわざのように、“英雄不問出処”。性別、国籍、宗教、民族、年齢等問わず、貢献できる者は全て“英雄”。多様な人材に公平な環境を提供し、一人ひとりの才能を最大限に発揮させることこそが競争力の根本であり、われわれの事業発展と社会発展に寄与することができるのです。

パナソニック インダストリー株式会社 北谷広子さん  常務執行役員 チーフ・リーガル・オフィサー(CLO)

北谷広子さん

常務執行役員 チーフ・リーガル・オフィサー(CLO)

私たちが真に強い会社になるために、自分たちの持てる力を最大限に発揮し、互いの個性や強みを生かしながら協働することにワクワクしていることが必要不可欠。パナソニックの基本理念である「衆知経営」は、お互いの個性を認め合い、生かし合い、助け合うという精神から始まります。真にお客様や社会に貢献できる良いシゴトができる会社になるために。さまざまな人材が個性と強みを発揮できる公平な職場環境づくりに取り組んでいます。

 

グローバルで活躍するパナソニック インダストリーの社員

グローバルで活躍するパナソニック インダストリーの社員
 

 

パナソニック インダストリーのDEIの取り組み

DEI社内イベント・研修

DEIフォーラム

多様な社員がイキイキと活躍できる職場環境の醸成に向けて、DEIに関する社外有識者の講演や弊社役員とのパネルディスカッションをLIVE配信するなど、全社員を対象とした啓発活動を定期的に実施しています。大切なのは、「多様性(ダイバーシティ)だけでなく、違いを認め生かし合うこと(インクルージョン)、公平に機会を得られること(エクイティ)の重要性」に私たちが気付き、日々の行動につなげていくこと。このような機会を通じて、一人ひとりが気付きを得て、考え、職場での対話の醸成を促すことで、DEIあふれる職場風土づくりに向けて取り組んでいます。

 
アンコンシャスバイアス研修

アンコンシャスバイアスは、無意識の思い込み、無意識の偏見等と訳されるものですが、脳の機能として誰にでもあるものです。社会生活を営む上でも、アンコンシャスバイアスが思考や言動に表れて、知らず知らずのうちに、誰かを傷つけてしまったり、自らの可能性を制限してしまったりすることがあります。(例:自分(あの人)は〇〇だから△△できないはずだ…など)
当社では、自身のアンコンシャスバイアスに気付き、意識することにより、誰もが働きやすく、可能性を広げることのできる職場環境づくりを目指し、E-learningや研修の機会提供を行っています。

 
キャリアストレッチセミナー

当社では、女性社員の活躍を後押しするための研修を実施しています。経営幹部や先輩ロールモデルとの懇談、グループ活動等を通して、「自分の未知なる可能性に気付き、挑戦するマインド・自信を高める」ことで参加者一人ひとりが変化・成長を実感しています。同じ志を持つメンバーだからこそライフイベント等も含めたさまざまな悩み・不安を共感し合うことができる、次の一歩を踏み出すためのエネルギーに変えることのできる研修です。一人ひとりが「自分らしいリーダーになる」ことのチャレンジを応援しています。

パナソニック インダストリー株式会社のキャリアストレッチセミナー
 

さまざまな働き方・サポート体制

ワークとライフ&キャリアの両立をサポート

◇社員一人ひとりのライフステージ(妊娠、出産、育児、介護等)に応じて、さまざまなサポート・制度

  • 育児休業
  • 産前産後の休暇
  • ファミリーサポート休暇(対象者1人につき年5日/半日取得も可能)
  • ワーク&ライフサポート勤務(時短勤務制度)
  • チャイルドプラン休業
  • 介護休業
  • 妊産婦障害休暇   など

男性社員も積極的に育児に関われるよう、お子さまの誕生に際しては、会社からご本人と上司への休暇取得の働きかけを実施する等、取得率向上を目指しています。

◇社員一人ひとりが、自らの可能性とチャレンジを後押しするための休暇・休業等の制度

  • チャレンジ休暇(節目に10日間の休暇取得)
  • キャリア開発サポート休業(職業能力開発のため、原則3年以内)
  • キャリア開発サポート勤務(職業能力開発のため、勤務時間の短縮可能)
  • 社員再就職制度
 
キャリアアップ・活躍をサポート

◇女性社員が将来を見据え、さらなる活躍を実現するための制度

  • キャリアストレッチセミナー

◇社員一人ひとりの自己実現に向けたチャレンジを後押しする制度

  • 本人・上司の対話を通じて「なりたい姿」や「成し遂げたいこと」を実現していくための「A Better Dialogue」
  • 本人・上司が頻度を上げて、質の高い対話を行うための「1on1 Meeting」
  • 新たな分野で可能性にチャレンジする「eチャレンジ・eアピール」(社内公募制度)や「複業」(社内副業制度)
  • メンター制度

◇柔軟で生産性の高い働き方を実現するための制度

  • フレックス・タイム制勤務
  • 在宅勤務/リモートワーク制度
 

一般事業主行動計画

パナソニック インダストリーでは、社会環境の変化や社員一人ひとりの価値観の多様化などを踏まえながら、公平な職場環境づくりに向けて、積極的に取り組んでいきます。